SpaceOpera 的視点 (おくのほそ道変)

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

2017年10月の周波数

✦--------------------------------
*spaceopera10月の活動
*spaceopera ホームページ
-----------------------------------✦


重力から解放される月。

分解と生成。

組み合わせ、入れ替える、入れ替わる。

逆転の位置、今までの感覚の延長と反転させるチカラ。

夢の世界と近い周波数で地上の意識解放されて往く。

ヒトの活動が盛んとなる。

人間という思想のカテゴリーから卒業し、生き方や生き延び方を学んで往く月。

サバイバル力、生産性、新しい企画書や新しく打ち出して往く方針。

新しい方針は「今まで」という時間の枠から刷新された情報へと洗練されて往く。

 

生命力の増長、敬意を払いながらの順不同な動きは新しい実をつけ始める。

尊重と敬意を示す事で、静寂な孤高の入り口へと鎮座し、

眠っていた「わたし」が揺り動かされる。

2017年ヴァージョンの記憶が立ち上がる。

夢の周波数を利用して、地上世界に建築させて往く各々の夢や約束を想いだす。

約束の解放、約束の終結

新しく組み直される覚醒した約束。

本気で眠るか、本気で自覚するか、各々の人生への決断と決別が促される。

絆、縁のリニューアル、アップデート、新鮮な関係性が生れる。

 

自身への新制度が図られる。

今まで通りか、今までを終えるか。

改めて強い決意と覚悟を示される。

脳と教えられた物体が新しいサインを送って来る。

脳裏に埋まっていた景色、感覚、至福感が身体へと流れ出す。

 

錆びたマトリックスの解除。

2017年のエネルギーが満を持して可動し始める。

氷解、遠い記憶が2017年の身体と融合する。

 

今やる事に集中し一つのカタチを生み出す事が必須。

輪郭の無かったイメージがカタチを帯び始め、
顕在化された状態が身体世界と同期し始める。

徐々に流れ込む夢のカタチ。

 

カタチ、モノを生むか、生まぬか、

最低限の意思の決断は必須なようです。

 

弾ける10月、人間の夢をヒトが叶える。

静寂の中にハイパーな思考の志向が打ち込まれる。

稲妻に当たるような感覚で、脳の回線が派生する。

直感を超えた世界を味わう。

覚醒の延長戦。

 

f:id:spaceopera13seed:20170928203447j:plain