SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

2017年11月の周波数

♠--------------------------------
*spaceopera11月の活動
*spaceopera ホームページ
*SavePoint2018「羅針盤の起動」受付開始
-----------------------------------♠

 

今2018年事をやっているので、
2017の並びがとても古代に想えてきました(笑)


----2017年11月の周波数----

 

立ち位置の変換へ。

観られる側が観る側へ。

観る側が観られる側へと反転やシャッフルして往くような勢いです。

定位置は中心軸のみであり、
個人主義の軸に定めてしまうととても動きづらい。

見失っていたものが戻るというような感覚。

遠くにあったモノが近くになったり。

狭かったモノが拡がったり。拡がったモノが収縮したり。
あっちだったのがこっちになっていたり。

様々な環境の変化や、イレギュラーな対応など。
平等と公平さなど、精査されて往く流れが始まって往く。

予期しなかったどこかのビジョンが現在に流れ込む事がある。

 

一点へ集中し始める偶像的だった世界が、
質を上げて往きながらカタチあるモノへと動き始める。

 

男性的から女性的へ。また女性的から男性的へ。
性質や体質の変化も起こりやすい時期となるようです。

 

 

聖なる循環、平均的に流れ出す富や空間。

あらゆる裏口、裏の世界が表へと姿を顕す。

 

順不同な動きや、どこに繋がるかわからない出逢いや再会などを含め、
様々な到来が身近に起こるようです。

仮にそれを未来からの使者と表現しておきます。

 

準備不足とも想えないほどの突発感や、突然始まる夢の現実化。

不足しているという感覚が沸き起こりやすいイメージもありますが、
準備をして上手く往くような流れでもなく、
「瞬間的で瞬発的な全身全霊の対応のみ」が、

通過できるような扉が開くようです。

 

縦横無尽、計画の視野を拡げておく。
日々の行いがこの瞬間に顕わに成る。
その顕れた自身のパターンや、本心、
本気さなどから大きな理解が深まり改心が始まる。

 

積み重ねて往きたい事、

積み重ねてきたモノに対し、

これからの各々の動向が、人間を覚醒させ自覚の世界が誕生する。


丸腰の本能へ。

 

f:id:spaceopera13seed:20171031025149j:plain