SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

アヴァター

 まえに髪の毛と話せる美容師さんのところで、髪の毛をカットした事があった。

お兄さん曰く、わたしの髪の毛は「アヴァター(映画)と同じようなものを観じる」と言っていた(笑)

そのお兄さんもブルース・リーが好きだったようで、けっこう話が弾みました。

その時は肩まであった髪の毛を、どんな感じでも良いので切ってもらう予定で。

お兄さん「一応聞きますけど、どんな風が良いとかありますか?」と聞かれたので、

「わたし丸坊主でも良いかなと想って、こちらに来たんです。

どんなになってても良いので、お願いします」と言うと、

「丸投げでない観じが良いですね、気持ちが良いですね」と言ってくれました。

そのお宅、とても変わった造りをしていてお店は家の地下だったんです。

階段を下りて往くと、広い空間に席が一つだけ。

大きな鏡一枚。

ちょっと良いなと想ったのが、一部の天井だけをトタンにしていて、

雨が降っていた時だったので、雨の音が本当に良い観じで地下にコダマしていた。

 

そんな想い出を醸しだしながら、昨日の地下のネットワークの事を考え巡らせると、

アヴァターって面白いなと想えた。

 

アバター [1]avatar

サンスクリット語で「地上降りた神の化身」の意〕
 
と書いてあったけど、地上に降りたというより地下から創造されたニュータイプって想っても良いなと。
地下から創造されたアヴァターは、どこかワープも観じるところがある。
 
土は器で、地下から選りすぐられた器(粒状の土)は、
終結しながらヒト型に形体を絞り込んで往く。
地下由来は、サバイバル(生活能力)高い系なのかもしれない(笑)
縄文人って地下由来かな。
この辺りに共通性があったら、とても面白い。
発酵と縄文と調べるとけっこうリンクする。
地球まるごとコンタクトしようと想うと、感性の方向性は冴える、
目覚めるの道なのかもしれない。
聴覚と足を一体化させると、水脈の音やマグマの音が届いてくるようですね。
身体が筒化すると、分け隔てがない事が観えて来る。
わざわざ分け隔てているのもセンスが顕れるし。
 
この両世界をまたにかけて生存しているのも、
奥行き不可視(深し)という想いです。
浪漫の追求と探求。
生身でそれを味わえるような時代までこれて、良かったと想います。
 

f:id:spaceopera13seed:20171203232936j:image

 墨絵教室の帰りに、以前から気になっていた根津の蕎心さんへ行ってみた。

ランチ間に合った(≧▽≦)

わたしのうしろふたりで終了だった。

セーフです!!

新蕎麦と、しらす玉子丼セットだったんですが。

蕎麦もさることながら、玉子の具合が絶妙でした💛

ふわふわとろとろ系ではなくて、しっかり薄目で上品な味と触感👀✨

数は少なかったけれど、選ばれた日本酒がおいているようでした。

隣のおじさんが、美味しさを噛みしめていたが可笑しかったです(笑)

今度はじっくり、夜の部にお邪魔してみようと想います。

 

f:id:spaceopera13seed:20171203232939j:image

 近所の秋田物産へ。

なまはげの魔除けが売ってありました。

カッコいい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

前回来た時は、値段がまだ決まっていないという事で「とんぶり」という山菜をプレゼントしてくれました(笑)

触感が美味しい❤

いまは何にでも「とんぶり」をトッピングして食べています。

なまはげtwoface!