SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

左目の自覚へ

今日はスーリアの美穂さんの紹介で、

濱田葉子さんの降石会へ参加してきました。

6月くらいに購入したヒマラヤ水晶を持って行ってきました。

葉子さんの秘密基地には、沢山のクリスタルが綺麗に並んでありました。

ご自宅にはもっとあるようでした。

写真で収めきれないほどの繊細さ。

乱暴にも写メさせてもらったけど、

かっこいいーと想ったモノは写真に撮れなかったです(笑)

 

4時~5時間のクラスだったのですが、情報抽出度濃い時間でした。

参加した皆さんの石をキーワードに、情報を開示して往くという流れ。

持ち主さんの質問を受けながら始まって往きます。

 

地層の話とか、石の成り立ちとか、

持ち主と石の相乗効果というか、関係性とか記憶の顕れとか。

質問に応じて、それらを葉子さんがイタコとなって語り出す。

とっても面白かった。

 

特に石にまつわる心がけもないわたしが、

行っていいのかなと想っていたのですが、

10月に初めて葉子さんと出遭った事もあり参加してみました❤

 

参加して想ったのが、わたしの「時間」の概念と、時間のふり幅とか、

時間の解釈の仕方とか、時間の濃淡とか、

時間がまとわりついたもののようでした。

 

人間時間、ヒト時間、霊時間、菌時間、植物時間、鉱物時間、

それぞれの回転数や奥行やスピード、

それぞれの差異を確認できた時間でした。

それぞれの差異に接点をもってみる。

 

その話を聞いた時に、墨絵教室で出会ったお祖母ちゃんから

「ヒト(男女)と仲良くになるにはムードを作りなさい」と教わった事があった。

 

突然まんなかもなく仲良くなるという事ではなくて、

ちょっとづつちょっとづつ近寄る事で、ムードができてくるという話。

 

接点とムードってもしかしたら≒なのかな(笑)

それは少し色気とも似ているように想いました。

 

葉子さんから「そのまま繋がると、石と時間が違うから、時間そのまますぎてわからないのでは」と教えて貰い。

 

なるほど。

そのままにも限界があるというか(笑)

そこで「時間」の流れや、スピードなど理解が深まったように想います。

それぞれ固有の時間軸があり、時間の流れから入ってみると抵抗がなかった。

 

その他質問を考えながら、石をポケットから出しておいた瞬間に

「左目の完了へ」と左目に張り付いた。

 

都度、視力の変化や時期によって左目の視界に改良が入る。

持って行ったヒマラヤは、時々わたしの左目から脳の真ん中にコードを送ってくる事があった。

それかな・・・と、置いた時に閃いたのでした。

そういった事も聞いてみて、よきアドバイスも戴きやした(≧▽≦)

 

時々、こういった事に参加するのも面白いですね。

勉強になりました。

菌の世界から鉱物界へ流してきたようでした(笑)

地球も大きな鉱物だと想えましたし、地球由来の石なのか、他の天体由来なのか。

 

ダイヤモンドの話にもなって、

わたしもダイヤモンドカットに、魅了されていた時もあったのを想いだしました。

このカットでないと廻らない、と(≧▽≦)

超えられない時間の隙間というのがあったみたいで、それをダイヤモンドカットでショートカットするというような話だったと想います。

それがダイヤモンドだったのかは不明。

 

今日の事を踏まえて、次回のミネラルショーは参加してみようと想いました。

ちょっと石屋巡りも復活させてみようかな💛

 

今日も一日ありがとうございました!

f:id:spaceopera13seed:20171206231517j:image

トライゴーニック

f:id:spaceopera13seed:20171206231521j:image

 水滴みたいな石。

もっこり可愛かった。

f:id:spaceopera13seed:20171206231536j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20171206231600j:image

 寒天とかゼリーみたいですよね。

歯がオリハルコンだったら食べられるだろうか。

それよりも消化液で解けるだろうか。

想像が膨らみます。