SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

宇宙図書館

 

今日、久々に宇宙図書館の入り口という感覚になった。

宇宙図書館は万華鏡のように、どこかとどこかがくっつくと、

また違った景色を放出しているようだった。

奥には奥がある。

 

宇宙図書館の奥ノ院。

 

いろいろな謂れがあると想いますので、

いろいろな方が語っている、

宇宙図書館とは違ったモードだと想います。

 

宇宙図書館の洞窟の中は鏡の世界で、

鏡の組み合わせによって数式が変化して往くように、

一時の答えに辿りつくモノもあれば、振り出しに戻るようなものもあった。

振り出しに戻る流れは、同じルートの振り出しではなくて、そこには記号、符号、

あらゆる信号的なシンボル、サイン、→ににたような図形とか。

 

天体図書館各種、総合的な図書館、専門的なコードと暗号。

その統合先はゼロで、各種ある宇宙図書館を経由して出て来るデータバンクも。

結局のそのデータバンクと言うのは、延々続く計算式のような具合だった。

 

観た人が作る図書館。

瞳の刻印、iPhoneⅩみたいな鍵ですね。

 

生命が作り続ける暗号譜。

未知数だなと想って歩いていたら、保育園児の集団が「先生、無限ってなに!?」「無限って何?」と一人聞いたら、次々と質問されていた(笑)

 

通り過ぎたので、先生は何と答えたかは聞こえなかったけど。

普通の道だった道も宇宙のトンネルのような感覚になって、

子供達の声がこだまして不思議だった。

宇宙のトンネルは参道のよう。

 

また日々生まれなおしているようだ。

 

f:id:spaceopera13seed:20171215000544j:plain