SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

氷河期

 

種の保存って極寒地で行われているようです。

情報の保存。

必要なモノは、地下に隠したりとっても距離があるところに隠している。

ヒトの手に触れられない場所。

 

今年に入って、とっても冷たい風や気温がありました。

「真意の情報と触れる機会」という観じがしています。

 

今までは温暖化情報が多かった。

天気予報でも関東では零下に入る時とか。

固まって往く方法と、自然解凍して往く方法。

 

氷河期というキーワード。

大慈に固めた時間とか、接続凍結していた事が捉えられてくる。

固まっているところが俯瞰できるという意味です。

今までは固まった側だったから、観えてなかった事も、

これから解凍(解答)時という気がしています。

 

さっき「冷たい」と文字を打ったら、誤字変換で「詰めたい」となった。

詰めたモノが凍って真空パックされていると、風化せずに触れる事ができる。

封を開けた時に、この時代で紡がれる出来事があるように想います。

 

氷河の中に在る待機していた情報が、

個人の意思によって身体世界に組み込まれて往く。

 

集合意識の凍結したところが、

じわりじわりと温暖化しているように想います。

また、期間限定でアカシックレコードを読むセッションを設けようと想います!

その際は宜しくお願い致します。

磁界!?(次回)はメールも対応しようと想って居ます。

 

f:id:spaceopera13seed:20180112230319j:plain