SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

ニホニウムと胎児

f:id:spaceopera13seed:20180118234945j:plain

 

昨夜はいつもより早めに寝た。

記録が行われるような、個人的な外部からの指令、通達を観じたから。

ついさっきまでは全く睡魔とかなかったのに、

180度転換して大いなる眠気が襲って来た(笑)

 

寝る前に、記録帖を観える範囲において。

 

一度も起きずに7時間ちょっと。

 

タイトルは

「氷の洞窟に眠る胎児と元素記号」だった(笑)

 

氷の洞窟内に水がはってあって、氷の壁がモニターになっていた。

モニターを通して出て来る画像は、10週目くらいの胎児の姿で、

オウムガイの画像と重なって出ていた。

こうやって、回転しながら人体って成長して往くのね、、、と、

洞窟内の水の中からわたしの目がそれを観てた。

 

胎児おおよそ10週目とニホニウム040の関係という、

授業のようになって「ニホニウムって日本で決定した元素記号だよね」

と、水の仲間と電波交流している。

 

別の氷の洞窟は何段にもなった、カラフルなクリスタルが陳列していた。

全部のクリスタルは、回転方向を変えながらクルクル廻っている。

 

クルクル廻るクリスタルは氷の洞窟に差し掛かる光の回転をうまく反射させて、

じわじわと氷の本体に光を与えていた。

 

氷のモニターに映る胎児と元素記号の変化、

胎児という概念が少し変わって来るのかもしれない。

 

今までの元素の集まった人体と、これからの元素の集合体の胎児。

何千年かを経由して、編み出された次の段階の人体の歴史が始まって往くのかな。

と目覚めながら、夢を閉じたのでした。

 

まるっきり人体のシステムが、変わってきている兆候なのかなー☆

遺伝子4本組とか居ると言いますもんね。

 

それの人数が安定してくると、また地球の速度、

人体の速度は違うフェーズに入るのかな。

 

040という番号も、時々番号のふられたUFOが夢に出て来る。

 

昔に辻麻里子さんに、番号がふられたUFOって何ですかね。と聞いた事があった。

次元別ですね、と言われた。

 

もしかしたら、違う人体の世界なのかもしれない。

 

調べて観ても特にニホニウムの才能がわからず、あらゆる搭載の配分がチェンジされていっているのかな、なんて具合にいまんとこ処理して居ます。