SpaceOpera 的視点 (おくのほそ道変)

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

生存本能を刺激される夢

今日は久々の昼寝を。

午前中は墨絵教室だったので、やっぱりどっと疲れてしまいます。

気が緩むと身体の内側のスチームのように温まる(笑)

 

やる事あったんだけど、眠さに負けて寝てしまったら。

 

棺桶みたいなカプセルに、

入れられたところから始まった夢だった。

 

ドクターみたいな男の先生が、わたしの身体のツボをぴっぴと押して往く。

先生の手がめっちゃ温かく、

こういった方が治療家なんだろうな~、と想いながらその様子を見守っていた。

最後の一手を押したところで、わたしの何層にも重なった身体の中にある一つの層がスパッと!掃除機にでも吸い取られたかのように抜けて行った👀!!

 

抜けたもうひとつのわたしの一部の層が(これにも意思があった)、窓ガラスから抜けようとしたけど手で食い止めて、一言。

「あまり飛び過ぎたら、中身が抜けてしまうぞ」と言った💧

ちょっとだけ男性っぽい透明なヒト型の意思。

 

そこから窓に溶けるようにして、なくなっていった。

 

外側にあるんじゃなくて、内側に何層も何層もあるような透明なヒト型の意思。

内側のコピーのコピーのようなモノ。

 

もう一度、カプセルに入り別のツボで出そうとしたら、

そのカプセルがヒト型のカプセルに変わっていって、

これはまずいやつだと想って出してもうらう。

 

夢から覚めたら、お腹減ってなかったけど、

何か食べなきゃというヒトならではの生存欲求が刺激された。

 

わたしたちは一体何層でできているのかな!

増やしてきた層が多いよう。

必要な層ではなくて、護るとかカバーするチカラとか、

念のため用意しておくとか、

変な恐れの準備に合わせて造って来た恐怖の世界ようの層。

これが少し男性質ぽかった。

 

ただその男性質というのも自分が育てて来たモノなので、邪険にされるとまだ居座る。

去って往く中で、大慈な事を告げてくれた恐怖層の透明意識体は、

中身が抜けてしまうと言った事で、わたしには中身があるんだとわかった(笑)

これは有難い一言だった。

去って往く中で、これから生きるわたしに大事なメッセージを与えてくれた。

「手向けのメッセージ」

こうやって自らの棲み分けが、始まってるんだなという印象シーンでした(笑)

 

この中身は地上用のドライブレコーダーのようなものだった。

 

やっぱりヒトは観察記録をしているんだな。

ただ生きているだけではなくて、生命を更新し続けている交信(更新)記録。

 

目はフェイク。

ただ観ているけど、窓に近い感覚。

視覚だけに偏っていると、観えてないのと同じような雰囲気だった。

全身全霊の繊毛を知覚化させる。

 

ひとつ覚書で御座います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spaceopera13seed:20180121001600j:plain