SpaceOpera 的視点 (おくのほそ道変)

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

移動

この寒波、強烈ですね。

本当に冷凍庫。

何時までも冷たい気温。

 

体内や思考内に遭ったモノが、一挙に出てきているように想いました。

隠せない冷酷さ、解凍できなかった事が表に出てきて、氷解し始めているようだ。

永年の情報蓄積が観えるようになったきた。

 

惑星地球という大きな生態が、はっきりと動き始めているようだ。

女性的な面と男性的な面とか、昨日のブログの続きのようになるけど、ルービックキューブのように次の態勢、次の組織へと組変わっているよう。

 

地球が男性的か、女性的かは表面的な気もするけど。

人体に例えると両性具有的な顕れで、上手く機能をこれから生み出す。

地球に育てられる人体。

それに気が付くか、気が付かないかでタイムトンネルの計算は違ってくる。

 

共存している空間認識。

ぶつぎりだけど、どう自分の人生を自然界と共鳴させて往くか。

これはコントロールな発想ではなくて、

ひとつひとつの自然の恵みを人体が時間とともに取り入れて往く事で、

人類に変化も起こる。

意識的に意図してみる。

目の前のモノは自分でしか出せないくて、

しっかりと出したモノの種が我が身の創造スペースにある。

またグループによっても、出せるモノと出せないモノがある。

 

よくモロ師岡さんとすれ違う(笑)

これもそうなのかもしれない(笑)

 

個人的な話なのか、

spaceoperaに来てくれる方限定になるのかわからないけど。

 

人脈、タイミング設計図みたいなのが物理世界、

身体世界に及んできているようです。

動いて居る、移動してきている、無から有へと転移してきている。

いろいろとこちらの世に、

もしかしたら移り始めてきているのかもしれまてん。

 

f:id:spaceopera13seed:20180128231659j:plain

これもまた移動物(笑)