SpaceOpera 的視点

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

神話が動き出す

 

長野の諏訪湖で、

御神渡りが出現したとネットニュースで観た。

本当は何千年か昔のクジラの骨が発見された、

というニュースを観ようと観ていたんだけど、操作ミスでこのページに到着。

 

諏訪大社上社男神が、

対岸の下社の女神のもとに通った道筋とされる。」と表記されていたけど、自然現象って動きが大きいですね。

 

大きな動きって、実は小さい動きの集合体。

人間的観点からみても、小さくて観えないけど一挙にここまで筋が入ると、

実は一挙じゃなかったみたいな雰囲気です。

小さな自然現象の寄せ集めによって、大きな現象へと繋がって往く。

 

諏訪湖っていろいろな現象で溢れて居ますね。

立体モニターのようです。

 

神話って何かつかみにくいけど、世界的に言い伝えられてある。

人間的歴史と違って、争いも大きいけれど豊穣さも伝えられている。

土地によって観光できたり、土地の習わしがあったり、食事の違いがあったり。

 

以前、夢の世界で「旅先にて、土地に入る時はその土地の水を使って身を正せ」と、

言われた事がありました。

その土地の水を身体に馴染ませる事で、そこの土地と周波数を合わせるようです。

手を洗うだけでも良く、

わたしはこの土地に入りますという合図であり、挨拶でもあり、

よそから来た礼儀というか。

他の土地から来たモノの余分な情報みたいなのを、

流して、この地に習いますというマナーみたいでした。

 

それから旅行する際は、そうやって手を洗ったり、

その土地の水を買ったりして入国(笑)しています。

 

お蔭で、いろんな土地の人から親切にして戴けましたし、

知り合いになった人達も居ます。バスの運転手、タクシードライバーさんからお勧め場所に連れて行って貰ったり。それも送迎にしたり、

ものすごく安価な値段でめちゃくちゃ廻ってくれたり。

 

滞在時間が短くとも、

汚染しにきたのではない(笑)という示しですかね(笑)

 

星の神話、土地の神話、神々の神話。

いろんな由来があるだろうけど、

自然界のアラームが鳴りっぱなしな2018年ですね。