SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

基礎更新と刷新力

spaceopera3月の活動 - SpaceOpera 的視点 (おくのほそ道変)

Space Opera - spaceopera ページ!

 

今日の夢はなんと右團次さんがパイロットで、わたしが一番前の席に座って操縦を観ていた夢でした💕

操縦の仕方が足でパネルを踏んでいて、足の角度で操縦していた。

なんとセクシーな足の角度👀✨と惚れ惚れしていた夢でした(笑)

あとはその飛行物は真上(直角)90度を示し、そのまま上り始めるという内容。

夢の中で、もしかしたら「真上」を直視したのは初めてかもしれない。

と、トキメイていました。

貫ける歓び、突入する歓び、なんか想いだしても嬉しい感覚が蘇ります。

 

と、ここ数日の基礎力の更新と刷新がテーマでした。

生活力も含めて、性質や骨組みを見直して往く流れです。

何を選び何を食べるか、何時頃寝たらわたしの身体は調子いいのかなとか。

仕事に対する姿勢とか。

生命力と人生に対する理との対話(笑)

 

これは音叉のテキストを作っては書き換え、

作っては停止しを繰り返しながら人間が持ち合わせている性質と、生命力、

精神力、創造力、またスピリットとか。

合同で一丸となって進んでいる、意識体丸ごとの統制力を研磨する。

基礎は底辺力。

基礎の内容は、常にナマモノでもある為に見続けなければならいない事など。

基礎そのものが変わるとかではなくて、

基礎を観ている自分側が同じ基礎のまま発展していないのはNGで、

基礎の死角となっているところを更に深く観始める事で、基礎の陰りが晴れて往く。

基礎という看板に飲み込まれず、曖昧になっている基礎を実態化させて往く。

 

だんだん基礎という漢字が「墓地」に観えてきました。

 

基礎を鵜呑みにして往くんではなく、基礎を教わったらそれを各々で応用する。

それから基礎の死角をみつめ直す事で、

沈下した思想や抑圧が芽吹き始めるような気がしています。

 

抑圧が解放されるというのは、暴動が起こるというわけでなく。

抑圧精神にも春を与えて往く事で、

新しいエネルギーに変換され荒れ狂う内部が自然に鎮静され、

自然のサイクルに流れて往く。

 

基礎を基礎のままにしておかず、目を通す事でまた基礎の新たな一面が顕れて来る。

基礎もナマモノだったという事です。

基礎も多面体で、全部面が出てきて丸くなる。

基礎だけでは止ってしまう。

先ず基礎ありきですが、基礎だけだと生身の人生は密封状態。

封鎖と同じような感覚がしました。

応用して往く事で、基礎の凹んだところを出して往く。

観えてなかった事を知って往く。

 

改めて、生命の奥深さを知っている状態で御座いまする。

 

f:id:spaceopera13seed:20180219140606j:plain