SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

戴いた感想

Space Opera - spaceopera ページ!

spaceopera3月の活動 - SpaceOpera 的視点

 

♯生命の実リーディング

 

奈美さん

今日は、タイムリーなセッションをありがとうございます*

まずは、どの場合でも橋渡しの位置にあることを

初心として受け止められた氣分です。

 

そして今、
どんどん深まっているリーディング内容は、

自身をしっかりと労わり、自覚的な生命エネルギーで

充ち満ちる日日を送ること☆

です。

 

意外でもあり、やはりか、と感じていたことは、

感想として電話でもお伝えしていた様ですが、

 

労わり方のズレ方が、エナジェティックな基本的人権

触れることでしたので、

どこまでも【人間的感覚】が判っていないかを

自覚することができました^^;

(適切に、労って生きます!!)

 

こんな状態なのに、人間とかかわりたくて、

なんなら、サポートもできれば、などと思っていたのですから。

 まるで、

地図を持たずに、樹海やウユニ塩原を彷徨うものですよね;;;

 

知らない、を知ることの大切さを身をもって知りました!

 +++++

 

あと、印象的だったのは、あらゆるベースとして、

精神的拠り所的に思い描いていた故郷が

すでに無くなっていたという情報。


流石に驚きの声をあげてしまいましたが、


現在、新たに向かうトコロとの響きあいが、

陰ながら静かに鼓舞してくれていたからこそ、

ここまで来られたんだなと、素直に思え、

逆にホッとしています。

 

不確かだけど、意識がしっかりしていた背景が

少しタネ明かされ、嬉しく思っています*

 +++++

 

子ども達と、その保護者となる方への新感覚の場の提供は、
まさに、総合的にupdateしていくエナジーデザイン、という質感です。

適切に言語化して頂き、助かりました!

 

【総】という文字を名前につける様に指示を出したのも

自身だったということも、何周目かにして、深く頷けています。

 

あちらと、こちら、の、ハザマで、

研鑽&お届けを一歩一歩、実践します*

深謝☆です!

 

---------------------------------

Fさん、昨日はどうもありがとう御座いました!!

「総」の主張がはっきりありました。

 

精神的な拠り所というのも、

戻れる場所として「保険」「確保」みたいなところありますよね。

ただ何時か戻る場所として寄り添って居ると、

目の前の事をぼかしてしまう傾向があると想います。

 

わたしたちの傾向としては戻るというよりは、

進むとか更新とかそういった欲求(好奇心)の方が強いように観じています。

未開の地や前人未踏への踏み込みを求めているようにも想います。

 

戻る場所という認識は、たぶんどこかにある場所、わたしたちと離れた場所、

という印象がありますが、常にわたしたちの記憶とか、

感覚と共に在るようにも想いますので、

物理的な故郷を求めてしまうと心ここに在らず状態へ。

 

この地に踏み込んでみる事や、この地で展開させて往く事を芯から決断すると、

遺伝子の縁組や協力者、地上での創造の縁が集い始めます。

 

自らの目覚めというのは、全てお見通しという感覚ではなく、

不可能という錯覚が幻想であるという事に気が付いている状態の事を言うと想っていて、どこからきてどこに帰ると言う事を言っているのを覚者としては呼んでいないのかなと想います。

 

実行する事、受け入れる器の成長や、生身としての活動と夢を解く行為。

フォログラム、鏡の国からの脱却で、

創造主の末端と先祖の末端である事をいかに受け取り、身体世界を解体して往く事が目覚めのように想います!

 

人間と関わりたいというのも、自分と関わりたいという事が隠されている。

他人の事がわかりたいというのも、自分の事をもっと知りたいという欲求で、

サポートしたいと想うのも、いかにこの世で自身がうまくいきたいかという人間的な本能も隠れている。

 

やっぱりみんなよりよく生きてみたいんですよね。

わたしもしょっちゅう想います💛

 

それが嫌だなんて想っていなくって、なにか紆余曲折あってもその紆余曲折を知りながら、嗚呼、わたしここを自分勝手にコントールしようとしてたんだな。

とか、手間を省こうとしていたんだなとか(手間=愛情)

合理的に自分勝手に世界に指図してたなとか、

わかってくると勝手に自然現象の事を難解と捉えていたりしていました。

兎に角人間の癖として、未来や現象をコントロールしようとする防衛本能みたいなのがあるので、自分以外のヒトや、価値観の違う方々と関わるとそれらが発動する。

その防衛本能を優先すればするほど、個人より癖が主軸を持ちます。

 

そこに気が付けば、勝手に軌道修正されたり、

同じことが起こっても問題であるという認識で捉えなくなります。

 

生身は現場を通して腑に落とすですね。

あとはしっかりと長期プランとして、見定めて往くスタミナ、決意、研究力。

例えばですが、ここを故郷にかえるつもりで挑んでみるのも面白いのかもしれまテン。

 

自分に深く踏み込む。

生命に深く踏み込む。

そうする事であらゆる解放は行われて往くと想います!

 

Fさん!!丁寧に書いて下さりありがとう御座いました!!

f:id:spaceopera13seed:20180227143839j:plain