SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

枯れた才能

Space Opera - spaceopera ページ!

 

最近自分自身の「枯れた才能」という穴倉に水やりしている状態です。

以前副業でイラストレーターをしていた頃の道具や、

方法など想いだしながら絵を描き始めています。

ちょうどトアル雑誌社の募集があったので、間に合うようにやっていたのですが💦

まったくうまく描けずに撃沈モード。

 

ただやってくうちに、何かを想いだしてきていて、

描き方のスピードが上がってきたようについさっき想いました。

勝手にポーズが決まって往くというか、イラストに立体感が生まれてきた。

 

錆びたネジに油を注いでいるように、苦しいんだけど動き始めている範囲があって、沸々と歓びが芽生えてきている。

 

描く事嫌いではないんだな。と想えました。

苦手だけど嫌ではない。

 

苦手だけど回数重ねてきたら、テンポが生まれてきたり、

余分ななにかを描かなくなったり、簡略できたり。

 

いろいろと簡単に想って居たけど、

筋力や継続力、地道な作業は創造力を磨いてくる。

 

以前簡単に描いて居たのは、よく観てなかったんだな。

と想えて来ました。

それはそれでOKで、その時はそのセンスで良かったんだということ。

 

一個の作品の中に、失敗やかけてきた時間、捨てた紙、消した落書き。

それを経ての一個。

 

ストーリーの構築、構成、順番。

いっぱいラフを上げて、たった一個が出来上がる。

練習ですね。

コツをつかむまで、

作り方が理解できるまでわたしがやるしかないですからね。

自分の事なので。

 

いつになく脳の筋肉がギューギューしています(笑)

うーって猫のように、頭を枕にずっとこすって居たり(笑)

頭が疲れたり、カタチになるように考えたりすると、

こんだけ身体って起きるんだなと想った事。

不思議と身体が立ち上がる瞬間がありました。

身体が立ち上がるというか、芯が立ち上がる感覚というのか。

 

あえて才能と書いたけど、

上手い下手ではなくて、カタチにしたい何かがはっきりあるものを、

才能の種と想って居ます。

 

かつて使って居た才能の種に、今一度リベンジという感覚です。

 

カウンセリングの脳と、今のイラストの脳と、使っているところが違うのでけっこうな脳トレ状態だと想います🐵

 

「うさぎとカメ」という昔話がありますが、

それがとても想いだされています。

 

やっぱり続ける事と苦しむ事、

向かい合う事で新しい発想がでてきますね。

 

苦しむっていうのも、表層由来のモノで異物を生んで往くというのは相当パワーがいる。歓びの苦しみ。

産みの苦しみって言いますもんね。

わたしの場合はそんな大そうなモノではないかもしれないけど、

そんくらいの苦しみがあって逆に良かったって想えている。

 

兎にも角にもどんな展開になるか、

楽しみなモノがあるという事はとっても幸福だ。

 

やり続けてみたいもの。

 

精進してみます🌠🌠🌠

f:id:spaceopera13seed:20180330224620j:plain