SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

2018年4月の周波数

Space Opera - spaceopera ページ!

 

2018年4月の周波数

 

もつれ、タブリ、絡まっていた状態、情報、

押しやられていた深層世界が明るみに出て来る。

盤上世界の開創期が始まる。

 

精神の大掃除、根本的な思想、願望の歪みが調整される。

歪みが調整されて往く事で、与えるという根底の理解が促されて往く。

人間そのもの入れ替わりや、生き方の改め、遠慮していた事柄にようやく着手する。

 

夢が現実に吸収され、顕在が無意識を吸収して往く。

点と点とが繋がりはじめ、

ようやく遠くに飾ってあった望んだ世界が身体世界へと移行を始める。

徐々に始まって往く神我の領域。

 

地球全体のエネルギーチャージが4月より終焉に入って往く。

惑星自体がスタートを切るような体制。

今まで発想にもなかった事や、古い記憶が顕在意識と同期され、

人間の思考の蓋を取り払うような発見が公表される。

 

新時代がやってきているんだなと想えるような出来事。

受け入れた事で認識が変化し、知覚の精度、感度が鮮度を上げて往く。

 

今までの人間意識から性質が変化し、死角の世界の受容が再開して往く。

量子と物理の供給の感覚的バランスのリハビリ。

 

観えないけどある、

あるけど観えないの裏と表の隙間が無くなって往く。

無自覚と自覚の一体化へ。

 

新しい世界へと新装されて往く流れへ。

 

 

f:id:spaceopera13seed:20180331231002j:plain