SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

spaceopera4月の活動

 Space Opera - spaceopera ページ!

 

一個前のブログに掲載していた「図書館」というキーワード。

自宅の本棚を整理して居たら、昔に買ったギャラクティックルーツカードが出て来た。

Tarotもライダーを暫く使いたいなと、

想いが上がり二つを絡めたセッションを4月限定で行います!

 

占いヴァージョンみたいなセッションです。

裏無い、考えの裏側、視覚の死角、イメージの裏側にある根底のテーマ。

深い深層心理を意識に伝え、ほどけなかった情報処理を行って往きます。

 

占いの由来は、「心」をうらと呼んでいた事からのようです。

表に出ないうらのこころ。表に出て来るまでの背景の話ですね。

順序というか、ルーツがあって表に出て来た一時のスタイルに完成するまでの背景。

腹で想っている事は違うという言葉もあったように想います。

うらとはら、こころとはらは嗜好が違うのかもしれません。

両方ともにつく「ら」は螺旋のらで、

影響力や流体して往くエネルギーを指しているように想います。

この二つがお互いなだめあう事で、行動に変化が起ったり、

囚われていたイメージが変化したり。

何かしらの流れが起こる事で滞りの時間が動き始める。

そういったセッションにして往きます。

ご興味ある方はぜひ💛

spaceoperaの入りやすい、入り口セッションになると想います!

 

 

♠メニュー/バックトゥーザルーツTarot

(※長いのでタロットでもOKです(笑))

♠90分 15,000yen(対面/TEL)

 

f:id:spaceopera13seed:20180405181928j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180405182510j:image

 ずっと机から落ちていく一枚でした(笑)

一個前の記事に繋がるところがあって、なんだか感慨深い。

 

 

お問合せ&お申込みは下記へ↓↓↓

spaceopera.jimdo.com