SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

安心軸

Space Opera - spaceopera ページ!

SpaceOpera 的視点

 

今日は久々に柴又へ行ってきました。

2,3年前に柴又のサビれた喫茶店で珈琲戴いて居たら、店主から「柴又もあと3年持つかね~」と言っていた。

跡取りがおらず後継者も居らないそう。

 

多分それから2年は経ってい居るけど、

お店の方々も少し若い方も増えたようだった。

 

夕方五時前にはピシッとシャッター閉めるけど、

それまではみんな自分の持ち場で仕事をしている。

平日とあって人気は無かったけど、入る店入る店安心する。

 

若いお姉さんも話しかけてくれるし、年配者も話しかけてくれる。

本当に違和感なくちょっと話して、さっと引いて行ってくれる。

他の場所だったら警戒するかもしれないけど、場所の不思議ってありますね。

町自体が生きているからかな!

 

f:id:spaceopera13seed:20180411222210j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180411222228j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180411222310j:image

 店番の猫。

こういった猫の玩具かなと想ったら、本物だった。

貫禄あり。

ここには奥から別の猫も出て来た。

可愛いけど、本気の猫っぽい(笑)

f:id:spaceopera13seed:20180411222334j:image

 山本亭に珈琲飲みに寄ったら、中では結婚式の前撮り写真を撮っていた。

なんとお二人とも異国の方。

旦那さんはウィル・スミスに似ていた。

奥さんはザギトワに似ていべっぴんさん❤

奥さんがめちゃくちゃ流暢な日本語+ギャル語だった。

旦那さんは日本語まったくNGだったけど、写真撮影の邪魔になってはならないと別の部屋に移動したら、移動したところに入って来た。

わたしの前を通るたびに旦那さんが、片言で「すんまへん」と何度か(笑)

 

カメラマンさんが、カメラ目線の写真を撮って居ないから、

最後にカメラ目線で終わりますねと言っていた。

どんなカメラ目線だろうと観ていたら、

カメラマンさんが

「カメラのレンズの奥に将来の子供がいると想って観てください」と。

 

それを聞くと、なんだか観てはいけないんじゃないかなと想い目をそらしたら、

奥さんの声が「え!めっちゃキレてるしーーー!」と(笑)

とても恥ずかしがり屋な旦那さんのようでした。

またわたしの前を取る時「すんまへん」と言って去って行った。

 

山本亭は前撮り場所として利用されている方も多いようだけど、外国の御夫婦は初めてとの事でstaffのお姉さんも驚いていた。

着物着た外国の女性とか、お茶習っている方とか多いみたいだったけど。

外国の方がここで撮りたかったと想える場所。

 

やっぱ柴又の風情と山本亭の風情のマッチですかね。

 

以前着た時より、すこし柔らかくなっているようだった。

若いヒト達も入り、そしてただ働いているだけではなくて、

柴又という雰囲気を好んでいる若い衆なんだろうなと。

観光地としての位置がすごいしっかりと増していたよう。

 

f:id:spaceopera13seed:20180411222355j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180411222444j:image

 第一話を観た時は、転げまわるほど笑ってしまいました。

ベタなんだけど本当に大好きな世界。

段々涙なしでは観れなくなって往くけど、兄弟愛、家族愛、地域愛、仲間愛とか。

全部が入っている世界。

ミヤコ蝶々とかって、もうカッコよすぎですよね。良すぎてため息が出ます。

袖振り合うも他生の縁って言いますもんね。

大慈にして往きます。

f:id:spaceopera13seed:20180411222406j:image

玩具屋さんで千社札を作りました。

出航している寶舟。

名前カタカナにすればよかったな🍎