SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

夢の使い方。

Space Opera - spaceopera ページ!

SpaceOpera 的視点

 

最近まで家作業が続いて、引きこもり日が続きました。

昨日から電車乗って、町散策が戻って来た。

引きこもり日から抜け出たのは、最近明晰な夢が続いたから。

場所、言葉、光量の感覚。

 

あの駅だった。

あの場所だった。

あそこから観る景色だった。

というのを辿ってきた昨日と今日。

 

そうするとデジャブと、現在が重なるのか。という行動。

この二日間の体感としては、現在の背景に出て来るモノは違っていても、

マス目というか方向的な地図が夢と現在で重なって来た。

 

夢の中で「夢を平仮名に直してみる」という問いかけがあった。

 

「ゆめ」

カタカムナ的に読んでみようと想うと、「ゆ」は湧き出る。

「め」は指向、思考、芽。

 

夢は現在に方角を与えたり、平面図を動かす為の活力、

育てるための栄養源という空間。

 

ちょっと想いだしてくるのが、千と千尋の神隠しに出て来た釜爺。

症状に合わせて生薬を選んで渡しているところ。

 

お湯に入るヒトがどんな状況であるか、どんな具合になりたいのか。

明確にわかったら、釜爺が生薬を選んで渡してくれる。

そこが夢の在り処と似ているような気がしてきた。

 

夢見ている本人も、どうなりたいかがわかって居れば、

夢の調合が始まり、寝ている間に「生薬」での調整が始まる。

あとは起きてから、流れに流されず1,2分でも夢の回帰を計れば、

現在でのヒントと照準が合いやすく成る。

 

 

f:id:spaceopera13seed:20180412234034p:plain