SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

地球散歩

Space Opera - ホームページ

思召しTarotmapリーディング下半期募集開始

spaceopera5月のテーマ

 

今日は水元公園へ行ってきました。

水は豊かに湧き茂り、樹木の色彩もこれから芽吹く植物もあおあおしていました。

公園を散歩しながら気が付く事がありました。

 

わたしは肉眼で捉えるのが苦手なんだな。という事。

若干の色弱ではあるんですが、あまりにも目の前にある自然は膨大すぎて捉えられていなかった。

地球の色は何色?太陽の色は?と、聞かれても戸惑うわけです。

 

眼鏡を作る際の視力検査でも、staffのお兄さんから「ガッツで観てますよね」と、

検査しながら言われた事がありました。

「C」とか目でキャッチしても、それに照準を合わせているのか、

読み取りに数秒の時間を要するのか、わからないですが、観てから言うまでのちょっと時間があるそうです。

 

で、ガッツで観ていると(笑)

 

アニマンダラさんのアリスカルディアでの[4]を持つわたしは、

ウィアクシアの原型と似ているという話がありました。

 

目を持たずに幾つかの触覚で、

物体を認識して読み込んでいる古代生物だそう。

その事と今日の肉眼の不慣れ、が、とても腑に落ちました。

 

観るより、

聴こえる方ばかりに意識が行っているんですね。

自分の足音や、葉っぱが風に揺れている音、水の音や、

鯉のぼりに当たる風の音、花の音など。

暫く意識的に自然に触れるという事をしていなかったので、

地球の音を想いだしたようでした。

目を使う事があまりなかった生き方が多かったのかな(笑)

お蔭で舗装された道を歩いていると、マラソンしているヒトの足音や、自転車の音、

家族の足音が背中から刺さるくらい痛くて(笑)

アスファルトを辞め、草原の道を歩く事にして散歩していました。

通常では気が付かなったけど、身体は過敏なんですね(笑)

下町の着地感と、自然界との着地感は深さが違った。

今度は自然界への着地ですね。

 

 

 

いろんな階層の音が奏で合って、

音のグラデーションが幾重にもぶつかりあっている音の集積場。

音の反射の世界ですね。

 

そんなところに肉体を維持しながら、

いろんな世界と交流し合っていると想うと、

本当に生きていると想えることは凄い事です。

 

そう想った時に、ひとは本当にもろいのかもしれない。と想えました。

消滅と誕生との狭間でいったりきたりしているようであり、

少しでもズレてしまえば直ちに消滅の方に転んでしまえる。

 

各々が観ている目の前の世界。

 

同じ映画を観ていても、シェアなどしていると「同じ映画を言っているのかな?」と想う事があるように、各々の解釈の仕方や価値観や文化の違いで、

同じものでも違うモノに観じる事がある。

 

きっと本当の意味というか(笑)

根深い感覚的なところでは地球の色も、

生態も本当に知らなかったんだなわたしはと実感したのです。

 

そう想った最初のきっかけは墨絵でした。

植物も動物も描けなくて、今まで勝手に描いていたけど倫理に反した描き方(笑)

例えば子供達が鮭の切り身を観て、

それが本体と想っているという感覚に近いのかもしれません。

 

土の上を歩きながら土から離れる機会が増えると、

生命の本質というポテンシャルは弱体化して往く。

ラピュタのようですが(笑)

 

けっこう離れていたなと想いました。

意識を定めると一体化する。

一体化する事が、飲み込まれてしまうという概念になっていたようです。

地球を歩く。

意識的に大地や樹木、雲を味わって観る。

雲の世界、植物の世界、水の世界、土の世界、風の世界、

光の世界の関わり方がそれぞれの成長を促している。

 

いろんな生き物が姿を顕しやすい場所なんですね。

地球はでかい3Dモニターという感覚でした。

 

f:id:spaceopera13seed:20180504172030j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180504172054j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180504172122j:image

f:id:spaceopera13seed:20180504172201j:image

 光の具合でいつもは出ない色が誕生しました(笑)

萌えているようです。

f:id:spaceopera13seed:20180504172241j:image

コフキトンボ。久々にテントウムシも観れて嬉しかったです。

f:id:spaceopera13seed:20180504172249j:image

鐘があるなと近寄ったら、松浦の鐘(長崎)との関連があるようでした。

気になるモノって何か繋がりがありますね。

f:id:spaceopera13seed:20180504172333j:image

 f:id:spaceopera13seed:20180504172352j:image

 金町の香取神社狛犬

狛犬右には小さな大根が。

まるで精子だなと想って、左の狛犬を観たらまつぼっくりが。

これは卵子と例えました(笑)

 

 

f:id:spaceopera13seed:20180504172357j:image

 

 

f:id:spaceopera13seed:20180504172448j:image

 神社を出たら空から天使の梯子が。

上手い事撮れませんでしたが、

このあたりは旅行気分になるくらい水と緑がいっぱいでした。

 

f:id:spaceopera13seed:20180504172213j:image

 ねーこーーー!!きゃわいい💓