SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

縁に運ばれる。

Space Opera - ホームページ

音叉チューニング/5月のテーマ -

 

昨年から参列させてもらっている了翁禅師の法要。

Mさんの先祖に当たるとの事で、今年も参列させて戴きました。

 

不思議な縁です。

 

わたしは九州の長崎なので、

成人してからもほとんど東北の事を知りませんでした。

 

ただ小学生の時に観たズームイン朝!で盛岡弁を聞いた時にかなりの衝撃でした。

カッコよすぎて痺れた想い出。

今は忘れてしまったけど、ずっと盛岡弁を真似していた時期があります。

あとは金沢明子さんの民謡を聞いて激震(笑)

 

ほのかな憧れがあったのだけど、場所はどことか考えた事もなく。

 

今日の法要の中で了翁禅師と長崎、隠れキリシタンとか前回も聞いていたけど。

不思議な縁でわたしもこの渦の中に参加している。

 

先祖の末端同士は、初対面でも絡む歴史もあったり、

触れ合う懐かしさがあったり。

でたらめに生きているようでも、

こういった縁と対面するとでたらめに生きていないんだなと、

縁の不思議さを痛感してしまいます。

 

わたし個人のさじ加減というか、コントロールでは知る由もない縁。

だけど、いろんなところの接点を通して合流して往く流れの中で、

本当に活かされるというのは、こういった時に体感してしまいます。

 

どんな縁を通して、

どんな想いを回収しながら末端を味わって往くか。

こういった縁と正面衝突した時に、

想いだす事や、閃きに似た電流がビリビリ。

 

了翁禅師は夢で薬の調合を発見した事で巨万の富を得て、

日本各地に幼稚園や学校、大学などを設立していった方のよう。

 

いろんな流れがあってお坊さんになったらしいけど、

活動の仕方や活躍の仕方は枠を超えているし、

宗派とか職業に拘りもなく全体に貢献している。

それが今でも続いていて後継者とか末裔が引き継いで居たり、

発展させて居たりしていると想うと、

未来永劫という生き方は末端のセンスもだいぶ必要だと想った。

 

ハイパーなヒトというのは、個人的な生き方を通して未来を創造している。

豊かな暮らしとかの基盤を作ってくれている。

豊かな暮らしって、教育とか暮らしの知恵を残しているというところ。

腐らないモノを残して繋がって居る。

それとちゃんと燃やせるもの(笑)

 

こういった方は今も生きているという事ですよね。

身体は残らずも智慧を持って現在と繋がって居る。

 

今年の5月は改めて取り入れる事や、自分を知るという事が多い月だった。

ごく普通の当たり前に気が付けていて、その尊さとか普通は普通ではない事とか。

今までのテンションから、落ち着いたテンションに変化している(笑)

ちょうどいい加減、ベストな状態というのが調律できてきているのかな。

 

生きているって、不思議ですね。

 

あまた弥栄で御座いまする。

 

 

f:id:spaceopera13seed:20180522210810j:image

f:id:spaceopera13seed:20180522210822j:image

f:id:spaceopera13seed:20180522210956j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180522211008j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180522211111p:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180522211139j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180522211201j:image

 寛永寺の中庭。

亀有にある狛犬と似ている。

亀と龍が合体した狛亀龍。

 

f:id:spaceopera13seed:20180522211220j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180522211231j:image

 帰りに寄ったカヤバカフェ。

だいたい長蛇の列で入った事なかったけど、今日は入れ替わりが良くすぐ入れた。

f:id:spaceopera13seed:20180522211242j:image

 たまご焼きサンドイッチ💙

ふわふわで美味しかったーーーー( *´艸`)