SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

王の目覚め

Space Opera - ホームページ

spaceopera6月の活動 -

SpaceOpera7月の活動予定 -

 

今日は夏至でしたね。

 

本格的というとアバウトな言い方になってしまうんですが、

本当に本格的にいのちを利用して往く流れにきているんだなと想います。

 

いのちを意識化させる。

 

無意識に生きる、知らない間にというフロアはあっても良いと想うんですが、

これまでと同様に無意識に任せっきりだったり、

無意識を利用してわからないふりをして往く生き方から切り替わる。

意識も無意識も常に動いて居るから、形状記憶的に同じところに戻さなくて良い。

 

だからそういった点で「夢」というのは、

理性や条件が剥がれた無意識と意識の混在の場所となって、

人間が起きる時に、いつもの場所に戻って往くと言う流れをインプットし続けている。

 

けれどタガが突然外れて、100年先の事を作り始めたり、

10000年前の知性とぶつかったりすることがある。

 

そういった事は視覚で判断できる、

確認できるモノではないからなかった事にしたり、気のせいにしたりしている。

 

でもどうしたって、わたしたちは点々の集合体なので、

なんらかの時代と言われている情報と交流して居たり、共同作業、

共振の場を作ったりしている。

無意識に。

 

無意識って凄いですよね。

考えたら絶対不可能な事ですからね。

ありえない事になります。

 

集合的な情報の爆発期もあったような気がして、

いろいろな情報や連結が一旦バラバラになっているような気もしています。

 

それがかえって清々しいというか、

新しく申請されていってるんだなと観じています。

 

 

そんな中であえて避けていた事をしてみました。

スピリチュアルみたいな事です。

 

スピリチュアル系という分けた思想はとても不自然だなと想って居ます。

ここが基準でヒトって考えたり、想ったり、夢観たり、奇跡を信じていますし。

 

その中でも魂のルーツという、

もう一度原点を掘ってみようかなと想ったのでした。

 

魂と肉体と意識と、

なんだかよくわからないひとまとまりした生きたの地球(笑)

 

どこがそうでどれが違うのかという見極めるのも難しいなと想いますが、ヒトである以上生みの親も居りますからね(笑)

 

それ故、人類の発祥はとても興味がありますし、

本当に不思議だと想い続けています。

 

地球って本当に存在するの?という疑惑から(笑)

今までなんだかんだ、そのようなところで生活しているようでいて。

 

地球と人体とのセットで考察してみると、

いろんなエッセンスが交じり合っている。

 

超伝播系の人類のこれからが、本当に未知だなと想います。

 

東北に行く際にいろいろと意識交流して往く中で、

王の帰還、王の目覚めというテーマこれから復活するのかなと想えて来ました。

なんかどこかで聞いた事のあるフレーズだけど。

 

ここに最近アクセス中で御座いまする。

 

 

人間が備えているセントラルの解放と、セントラルと交流して往く時代というか。

様々なエリアが人間の目覚めによって、信号を高めてきている。

70憶人が同じペースやプランではないから、一概には言えませんが。

それそうとうのグループ意識の活性化が起こっていると想います。

 

 

だからあなたは人間だけどいつでも、全知全能として生きていける事もできる。

TPOに分けてもいいと想います(笑)

 

王の目覚めは海の王の目覚めも含む。

 

長くなってきたので、一旦ここで終わります。

 

f:id:spaceopera13seed:20180621235751j:plain

 獅子と魚の組み合わせ。

マーライオンではないか(≧▽≦)