SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

情報を大慈に。

Space Opera - spaceopera ページ!

spaceopera8月の活動 -

期間限定音叉チューニング/円盤チューニング編 -

 

今日は涼しくてびっくりでした。

冷たくて気持ちよい朝に、なんだか何かが戻ってきているような気分。

 

戻ってきている中に、情報の古さというのも入って居ます。

かつて利用していた情報なのかもしれませんが、

活用できない状況や態勢になっているから、

現在の自分のアンテナの感度を大慈にして下さい。

と想いました。

 

地球や人間が新しいスタイルに移行している。

 

切り替わる時には重さを観じてしまうかもしれないけど、

それが何の重さなのかしっかりと観極めて往く。

 

名残、余韻にしたっていたり、

人間の造って来た仮の歴史の渦に飲み込まれない事も大事だなと想って居ます。

 

仮からの立脚。

 

採用する情報と不採用の情報と、身体空間と共鳴しているか否か。

 

使い古したスピリチャル精神、

しっかりとお清めした方が楽になるかもしれません。

 

身体共々完全に現在「プレゼントデイ」に照準を合わせて往きましょう(^_-)-☆

 

 

誰かの概念や何時かのルール。

 

きれいさっぱりに。

 

そんなときは幾何学模様や、好きな数字など、

数列とか観ながら感情の煤払いをされると良いと想いました。

 

数字に感情は及ばず。

幾何学にも感情や想念は及ばず。

幾何学は音と色、立体的な思考をカタチにしモノ。

図、そのもにチューニングする。

意味は追わず。

意味は人間が創作している。

図はひな形を調整する。

図から生まれる色彩と音は、わたしたちの生きるルールを超え、

わたしたちの生い立ちを想い出させてくれる。

原点の音と色彩を想い出し、そこへ調整する。

 

 

f:id:spaceopera13seed:20180807231222j:plain