SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

気ままな一日

Space Opera - ホームページ

期間限定音叉チューニング/円盤チューニング編 -

 

今日は一日きままに過ごして観ました。

頼んでいた本も今日届いて、読みんだり読まなかったり。

時々掃除しながら、もう使わないモノ、新しくするモノを入れ替えたり。

ゆっくり想いついた事を順不同で、てんでバラバラで遂行。

そしてまた本を読んだり、違う本を読んだりと一貫性のない一日なんだけど、

とてもすっきりした一日だった。

 

気が散った事で優先する事と、気になった事にちょっとでも集中する事。

持続力、耐久性が弱い気もするけど。

わたしにとっては、こういった時間の伸ばし方が心地よいみたい。

プライベートで、という意味で。

 

 

意外とわたしは掃除をするのが好きなんだなと気が付きました。

 

夕暮れ時には甥っ子から電話が(⋈◍>◡<◍)

変声期なのか、声がちょっと低めのガラガラに( ゚Д゚)

思春期ではあっても帰省した時にご飯行こうね!と告げると、

とても喜んでくれたのでとても嬉しかった。

 

f:id:spaceopera13seed:20180813211916j:image

 本を出していたなんて知らなかった。

読み進めていると、本当にどこか宇宙図書館の辻さんと似たところがある。

専門職とか、創作者さんの語りべは面白い。

そうやって縁は繋がって絡んで行くんだなと教えて貰える。

 

ひとりで仕事をしていると閉鎖的になる部分もある。

何事も他者からの要望に応えて往く事で仕事に成って往く。

自分ヒトリがやりたい事を押し通し、勝手な思い込みで仕事を進めて往くと何も繁栄しないという事。

その要望に応えて往くと未来に繋がる。

と書かれていた。

 

抜粋の抜粋ですけど、仕事にしたかったら他者の話も聞けという事ですね(笑)

わたしは仕事にして往きたいので、この辺りも勉強して往こうと想いました。

 

出来る事だけだけど、

出来る事を芯にして飛翔力を上げて往こうと想います。

 

働いているヒトというのは、伝える事が上手なのかもしれません。

家の中で働いて居たり、外で働いて居たり、自分を軸として勤務しているヒト。

例えば自分(個人)を会社として観立てて、自分の出来る事で奉仕して往く。

金銭の流れはあってもなくても、

自分という主体を持って働きかけてその反応に応答して往く。

 

そうすると主体が何を観じ、どうしたら良いか、どのように動くか。

とか。

そこから働きが連鎖して往く。

その反応を通し、

また主体が考えてイメージを膨らませる。

 

世の中的にそれが失敗しているケースでも、その方の話の内容は豊かだと想う。

失敗の中に居なくて、そこから出て話している。

これを読んでみると、本当にプラスもマイナスも同じ価値だなと痛感する。

 

今日はペルセウス流星群

起きてたら観てみよう。

連れていかれないようにしよう💓