SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

古代地下地球

Space Opera - ホームページ

期間限定音叉チューニング/円盤チューニング編 -

 

 縄文展へ。

 

もううっかりしていると熱波にやられます。

気を引き締めながら、歩いて参りました!

 

久しぶりに萌えた展示会でした。

 

展示品観てると、地上の生活なんだろけど地球地下世界に想えて、

壮大な地球環を観たようだった。

 

宇宙とかそういったレベルの力強さではなく、はっきりとした下半身のチカラ!

 

この時代って、地球全体の大陸って分かれていたのかな。

(展示してた地図では分かれていました。)

海上、地上は表層、表向きという感覚が強くなります。

 

地上の生活とは想えない地下空洞というか、大地の中に更に濃い空が拡がっていて、

地球内宮一層、二層、三層云々。と更に深いと言うか別の生態空間として存在しているような、まだあり続ける生命力を観じました。

 

不思議。

水の中で生活とか、泳いだり歩いたりして地球移動してたんではなかろうかというイメージが。

 

太古の地球。

 まだある古代地球環が縄文という感覚。

 

感覚ばかりの話になっていますが(笑)

あの壺の模様とかドットとか葬り方とか。

土偶の種類とか。

 

ヒト型と大気の合体力、共生力がすごいと想います。

縄文が一万年続いたわけ、、、あの土器や土偶みていると仮に地球での出来事なんだけど、様々な生態同士が観測し合って生活していたのか、

どこか違う惑星や銀河と往ったり来たりしていたのか。

常識的に考えると答えの出ない、ある時を超えた生活空間が垣間見ます。

 

地球が一皮むけたら、あの暮らしがうっかり出てきそうな気配。

凄く感動した縄文展でした。

 

地球の中にはいくつもの地球が生きている。

面白い~!!

 

お盆休みとあって午後からは人多めだったみたい。

 

f:id:spaceopera13seed:20180815011744j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180815011750j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180815012220j:image

 会場出たらこのマークが。

しかも89。亀の甲羅の魔法陣です。

f:id:spaceopera13seed:20180815012027j:image

夕方からは地元の友達のお母さんと食事会。

なんとbirthday祝いという事で、ご相伴に預りましたm(_ _)m

抹茶生ビール。

以前こちらの姉妹店みたいなところに入った事はあったのですが、本店みたいなの初めてでした。

抹茶、料理にいろいろと使えるようです。

抹茶のバリエーションが増えました💓

f:id:spaceopera13seed:20180815012045j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180815012103j:image

f:id:spaceopera13seed:20180815012121j:image

f:id:spaceopera13seed:20180815012149j:image

f:id:spaceopera13seed:20180815012206j:image

 嬉しい💓

友達のお母さんからは「ふくちゃん」と呼ばれています(笑)

友達の姉妹からも(笑)

 

嬉しかったです!ありがとう御座います!!