SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

実線と点線の時間

Space Opera - ホームページ

spaceopera9月の活動報告(九州編)

9月音叉チューニング/アーススター

 

ここ数日へんな日々。

30分番組を観ていたら、同じ番組を30分の中で2度観ていた。

(60分になるはずなのに、30分内でセリフやシーンを観ながら、

あれ?これさっきと同じだなと)

テレビは正面から観る。

 

本を読んでいても読み進めているはずなのに、遡っていたり。

本は左に進んで往くタイプです。

どこで入れ違えたかはわからないけど、左進行が右進行へ逆回転していました。

わたしの天地がひっくり返ったのかなと想うほど、進行が右になっていると気が付いてじっくりページ数をガン見しながら読んでいたけど、本当にいつのまにか左が右へ。

 

わたしたちは、いつものように過ごしているかもしれないけど、

束の間の間に時流逆転している事がある。

通常気分で居ると並列時間。

うっかりしていると垂直時間。

それでいてまたうっかり並列時間に変換しようとしている。

 

時々あるんです。

こういった時をかける少女のようなシーンが(笑)

「土曜日の実験室!」みたいなノリです。

 

 

今日は随分昔に嗅いだ匂いにどわーんと包まれて。

浦島太郎のように何時の時間軸かに誘われたようでした。

 

一挙に一点に集中するタイムライン。

タイムラインなのに横並びではない、時間が吸い込まれているような感覚。

 

久々に写経に行こうと想い、写経道場で行うのも落ち着かない感触。

受付で自宅でやります。と伝えると写経セットを渡してくれる(有料です)。

 

何度も顔を合わせているご婦人なんだけど、

今日は突然に「あなたはわたしの母と同じ名前だったのよ」と告白(笑)

 

「えええ!そうでしたか。おきれいなお母さんだったでしょうね」と、

勇気を出して言ってみた(笑)

 

「3歳の頃に生き別れてしまって、記憶はないけど写真を観る限りでは綺麗で、きっと優しい母だったと想う」と言っていた。

 

なんで今頃急にそんな事を言い始めたんだろう。

以前は、何気ない話や今写経何巻なった?とか。そんな具合だったのに。

 

隙間が埋まってきているような近頃。

 

変わらない時間と点線みたいな時間があって、点線時間が実線に為って。

実線が消えて、また点線を作って、と何か変な時間の証明をみせられているようだ。

入れ替わる時間と、入れ替わる想い。

変わらないけれどもまた深まる想い。

 

生きるって、いろいろ裏時間も知ったり、

表時間と裏時間をセットして往きながら、

自身の変化や変容も同じく、その時間の中に回収して往く事なのかもしれない。

 

絶対体感へとチューニング中。

 

f:id:spaceopera13seed:20180903233055j:image

 やっと想い出してミルミルを買えました。

このパッケージを観ていると、色の反転が起こります(笑)

久々の味で御座いました。