SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

戴いた感想

Space Opera - spaceopera ページ!

 

#シルバーコード表裏827


先日は827のチューニングをありがとうございました❤

夢で不思議な人に会いました。
あっ、この人知ってる!

と思った瞬間にどんどん本当のことを思い出していく感覚がとてもこわかったです。


本当のこととは、地球ではないところのことで、

それを地球の感覚で表現すると恐怖に入るようでした。
小柄な男性でヨーダみたいな雰囲気でやっと会えたねみたいなことを言ってました。

また別の日の夢では、

大地が死体で埋め尽くされているところに今までは雪のようなものが積もっていて見えなかったけれど、積もっていたものがとけてきてて死体が見えてきていたので、

私は警察に気づかれないかとヒヤヒヤしていました。

さらに別の日には、精霊みたいな存在達と一緒にいて、

黄色の存在がうちの畑に魔術を使って作物が丈夫に育つような土地にした夢をみました。

なんだか不思議な感じの夢が続いています。

色んな意味で本当のことが見えてきてるんですね!
それは良い悪い関係なく人間にとっては恐ろしさに感じるものなのかもしれません。
私だけかもしれませんが笑


警察は秩序、今までの地球に留めておく監督役なんですね。
沢山の犠牲の上に成り立っている今、という認識は、都合の悪いことで、

それが表にでないようになっていた。


でも大地というのはそもそも沢山の動植物の死骸などからも成り立っているわけで、

死体の上に立っているのは悪いことではないんですよね。

全てを肥やしにして今の私たちが存在している。
犠牲も生かしていくんですね。

今回もありがとうございました✨

-----------------------------

Nさん、いつもありがとう御座います!

だいぶお返事遅れてからの投稿になりました!

すいません( ;∀;)

 

この感想を戴いた事、同じワークを受けた方、そうでなく個人セッションでいらしてくれた方から同じような夢の内容を戴きました。

 

「夢の中で大好きな人とあったけど、それは誰だかわからない」

「夢の中でとても合いたかった彼氏と逢えた」これも身体世界では記憶にない方。

夢の中で誰かと逢ったという感触だけが、

とても強烈に残っているという話を戴いていました。

 

本当に不思議だなと想いました。

Nさんからの感想もそうだったので、時期的に同じようなグループが夢を介して接触、また統合、合体、交差を果たしたのだなと。

夢を介して出遭う事、身体世界にはタイムラグがある事があります。

 

夢が物質化する時差というか、

カタチを整えて黙認できるまでの熟成期間みたいな。

また感覚を呼び起せるようなシーンと遭遇したり、景色と統合できる事があったり。

 

肉体を通して感覚をこねて、物質化して往きながら人の身体は納得や安心、

次なるステップへと繋げて往く。

 

沢山の犠牲の上に、

わたしたちは生きて言るというのも身に沁みる言葉ですね。

犠牲と奔放が入り混じりながら、秩序みたいなのを作ったり。

そうやって人の歴史って磨かれて行ってますもんね。

 

本だけ読んでるとやはり地球の歴史というより、

人間の歴史ってやばんな行為が多いですもんね。

残酷な裁判や、上下関係、差別や戦争しか歴史書に残って居なかったり。

補足の歴史は教科書以外で知ったり、映画で知ったり。

そう想うと人間の歴史なんて本当に浅くて短い。

 

余白はまだまだあるけれど、

生き方を変えていける地盤を持っているタイプとそうでないタイプもある。

一括りにしてはいけないけれど、Nさんの感想を戴いて読み直してから、

再度自分達の礎になっているモノ(概念にしても、先祖にしても)労いながら進んで往こうと想いました。

またこのワーク後に、

わたしも生きるっている事の底知れぬ恐怖みたいなのがドーンと勃発しました(笑)

この感覚は長引きはしないのですが、死を考えて居る時は生きていて。

生をまじかに考え始めた時に、

どこか自分の過去と言われているような部分が消滅しかかっている。

 

これからという莫大な浪漫を生きるって、

けっこうハードだなとうろたえました(笑)

過去のケースを消滅させて往くスパンにはいったのかな。

消滅させるにはしっかり観る、観察を通しての刷新。

 

わたしも感想返しになったけど(笑)

なんか変な観じ。ブログ通してやり取りしている感が変ですね(≧▽≦)

 

ただやっぱり近い人達と繋がり合っているんだなと、想えるタイミングでした。

鏡合せの夢が同じような時期に連続するって、けっこう濃い現象が始まっているんだと想います。

それは夢の世界だけに限らず、身体世界へと移行している。

 

夢と現実はバランスを取りながら、

観える、観えないをいったりきたりしている。

ただそれは肉眼で捉えているのか、

意識の目で捉えているのかの窓口に違いです。

で、どちらも捉えている。

 

似たモノ同士が距離を隔てて、

どう関わって往くか本当に観モノの時代ですね!!

いつも素敵な感想と便りをありがとう!!

 

f:id:spaceopera13seed:20180929233938j:plain