SpaceOpera 的視点

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

臨在

https://spaceopera.jimdo.com/

 

2018年あと一日になりましたね!

あっという間です。

 

2019年のテーマ「臨在」

 

自分達がどこに所属して往くかというのが問われる流れに為る。

所属とは地域とか、社会とか会社とかの類ではなく、

自分自身に臨在し他者と関わって往くという意味です。

 

誰の情報が優位であるとか、

誰かのどこかの正解に合わせて生きて往く生き方ではなく、

もう自分自身の観点を通し、実践を通し、

体験を通して自らが応えて往くというスタイル。

 

あっている、あってないという、

二極の選択肢では定まらない流れが多くなっていると想います。

 

各々のスタイルで、各々の感性を通して自発的に受け取って行ったり、

渡していったり、変えていったり、

戻ったりする選択を二つ以上の中で選び気軽に試してみる。

 

感覚が臨在しないと何も動けないので、

しっかりと自身に所属する。

と、いう意識と身体の結び目を忘れない事だと想います。

 

2018年もいろいろな展開が起こっていました。

また更に2019年は常識が非常識になったり、非常識が常識へと変化したり。

人間的な都合で完了とかゴールというテッペンを作ってしまうと、

なかなか動かしにくい現状に為ると想って居ます。

 

ヒトが行う事と自然が行う事、時間というワープ現象を利用するところと。

それぞれの役割分担を通して、いま在るカタチが変化して往く。

 

人事を尽くして天命を待つみたいな事が、何時の時代にも良いのかもしれません。

 

選りすぐられて往く生き方と、繁栄の仕方。

質の深化が問われそうな勢いです。

 

以前、宇野さんのトークショーに行った時に感銘を受けた言葉がありました。

 

「いまは一人ひとりがアカウントを持っている時代。

ひとりひとりが一個人事業主で、ひとりひとりが表現者だ」という言葉でした。

 

SNS、個人のブログ、メールアドレス、ライン含めて、

アカウントなしの方を探すのは難しいです。

ひとりひとりが立ち上がって表現できる。

 

これはマナーはとても重要ですが、

発言できる機会がわたしたちの時代はありますからね。

 

と、2018年よりは更に進化したわたしで在るよう務めて参ります!

 

急ですが終わります。

 

f:id:spaceopera13seed:20181231000619j:plain