SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

オリオン座

https://spaceopera.jimdo.com/

 

オリオン座。

特にとても好きな星座ではないけれど、

軸を意識するのに目安となるシンボルです。(個人的な話です)

ゼロポイントもオリオン座に似ている。

 

身体的な部分で喜ばしくなるのは北斗七星。

北斗の拳が好きだった事もあるので(笑)

これも個人的な感覚だけど、北斗七星って時計の針と似ているなーと想わせる。

時刻を知らせているというのと、巡っているというの。

 

昨年末の感想を整理してたり、読み直したり、それを読んで考える。

「どうやってみているの?」

というニュアンスの問いかけがけっこうあった。

 

どうやってか特に儀式的な事をしているのではないから、なんとも言葉に替えづらい。

ぼやーっと眺めてはいるけど、魚を釣るという感覚にも似ているような気がしてきた。

海中で魚を射止めるような感覚。

(海中で魚を射止めた経験も、魚を釣った経験もありません)

 

だからよくメッセージが降りて来る、というタイプの事ではないんですね。

氏名と生年月日がある意味、ダイヤルになってチューニングしながら、

心電図みたいなモノを読み込んだり、画像検索しているような感覚です。

そこから音を拾って往く感覚というか。

 

いろいろな質問みたいなのを読んでいて、チューニングしている時ってどんな感覚なのかなーと自分の状態を想い起こして観ると、一球体になっている時と、3つの球体になっている時があるという事。

身体を三等分しながらやっている事もある。

これまじで三等分にカットされていたら恐怖ですけど、あくまでも体感的な話です。

もう何十年もスターウォーズ観ていないからわからないけど、BB-8のような姿になっている感覚です。(球体三つバージョンで)

そうおもうとヒト型というよりは、ロボット系なのかもしれない(笑)

ヒューマノイド系ではなくて、作られた側みたいな。

切ない~!!!

 

それとオリオン座が何かリンクしてゆくところがある。

オリオン座の真ん中、三つの星。

三つの球体となった時に、なんだかあそこの三つの星を経由しながら、

情報を記号化、言葉化しているようです。

 

星は止っていない。

星の動きは距離とか幅の動きを示しているのではなくて、発電力の濃さ、ワット数、

がまるで距離として顕れているようだ。光の幅の観測。

 

オリオン座って言うとネガティヴに捉える方も居る。

悪い方だよね。と。

人間的な解釈なのかなと想ってしまうけど、そういわれるなりの何かはあるのかな。

地上の図面、建造物、地球の遺産と呼ばれるような設計も多く手掛けているけど。

時代によって、歴史によって捉え方はいろいろあるんだという事ですよね。

 

使い方がまずかったのかな。って。

知性とかないと良いモノも破壊的に使ってしまうパターンもありますもんね。

 

そんなこんなで三つの球体となった時の、電力経由のお話でした。

 

f:id:spaceopera13seed:20190114232412j:plain