♠SpaceOpera基地局

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き

地球太陽化計画

Space Opera - spaceopera ページ!

SavePoint2019のお知らせ - SpaceOpera 的視点

 

夢の記録として。

 

この間の夢の中で、わたしの頭上を通過して往く文字があった。

「月1/4(四分の一)、太陽1/8)(八分の一)」

その後から「地球太陽化計画」というテーマもあった。

 

図鑑なので知られている太陽の話ではなかった。

炭素みたいに黒くてサクサクしているようで、黒い粒が水分みたいなのでくっつきあっている場所。

炎の輪のゲートを潜り抜けると、灼熱の太陽ではなくて知らない墨の世界という具合。

炭鉱とかそういった感触もあるけど、

球そのモノの生命力みたいなのが静かすぎて威圧感すらあった。

よそ者が入れるような空気かんでもなく(笑)

 

その場所に着いた時に、お不動さんってこういう事だよなと想った。

炎の中にいるのに丸焦げになっていない証明ブツみたいな。

 

エレメントを活用しているスタイルというか。

 

焼けこげる灼熱太陽化ではなく、静けさのなかにある炎。

情熱だけだと焦げちゃう。

この太陽成分を吸収して往く事で、地球の生物の成長に変化があるような。

これもまた夢の話を、起きたわたしが続けて考えて居る(笑)

 

フェイクの太陽が熟成に向けて活動しはじめる事で、

地上の地下の生物に太陽光線の届き方が変わって往く。

 

例えばだけど、傷が治ったり、平均値が変わったり。

今までの仮説がみるみる変わっていったり。

ヒトの意識も、また眠っていた場所も起き始めたり。

もしかしたら、それによってOFFになるのもあるのかもしれない。

 

時々夢の中で観る天体、惑星の話や違う生活圏。

 

ヒトは寝る儀式を通して、伝達に変化を起こしている。

回線の繋ぎ変えとか、意識交流とか異文化交流とか。

 

意識とか感覚とか、肉眼の世界とか。

このコラボレーションみたいなのが、本当に不思議でたまらない。

 

地球というドラマがあるなら、seasonどれくらいにあたるんだろう。

それによって関わる銀河界も顔ぶれに変化が起ったり。

seasonが増えて往くとそれぞれのキャラクターも、

自覚や意識の変化が目覚ましいのありますもんね。

 

目覚ましい進化を超えて。

 

夢の続きが気になります。

 

f:id:spaceopera13seed:20181025224839j:image

昨日のお月さん。