SpaceOpera 的視点

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

戴いた感想・2

  Space Opera - spaceopera ページ!

 

✦Web会議

なみさん

 
昨日はありがとうございました。
 
腸内細菌の言葉とか面白かったです!
”自分はそういうところがなくてつまらないなぁ”
なんて思いましたが、自分を”普通”にはめ込んでいるのも自分なので
2020年、 自分を地球人とか人間と思わず
もっと自分の変態的なところを発掘していこうと思いました。
 
先月、2020年は自分と向き合う年だというお話を伺って
とっても”まじめ”に向き合おうと思っていたのですが(笑)
そういう方向ではなく、もっと開放的に向き合ってみます。
 
断食の話しも興味深かったです。
10日食べなくても大丈夫!みたいな実感は海外の壁のないトイレを使った時に
私どこでも生きていけるかも」と思ったことを思い出し
試してみないと自分のキャパは見えてこないよなぁと。
 
なみさんが言っていたように
せっかく持っているスペックは使いたい!
 
断食など体に負荷をかけたり、食べ物の実験をしたりして
こちらも探ってみます。
 
ありがとうございました!
 
-----------------------------
Hさん、先日はありがとう御座いました!
ほんと自分で自分の事をはめ込んでしまう習性ってありますよね。
 
誰かとかどこかと比べた途端、小さな枠に抑え込んでしまう。
前にコンビニで立ち読みしたホリエモンの本に「誰かと比べる人生なんて不幸だ」と書かれていました。人間の特性みたいなもんで「比較」「対比」という機能みたいなのがあるけど、ホリエモンの本には「誰かと比べるなら過去の自分と比べろ」とありましたよ。過去の自分と比べた途端、
なんだかわからないけど超えてここまで来ているなと想えました。
 
ほんとあの時の会議はそれぞれの特性みたいなモノがあったので、
ある意味生きているだけで専門部署を増やしているようなタイプだったですね(笑)
 
あの時の事を想い起こすと、やっぱり「誰か」とか「何時か」とか実態のないモノと比較するとバグると想います。実態がないですからね。幻想と比べる事はできないですよね。自分の勝手な都合で盛り立てた幻想優勢状態になっていますから。
 
せめて肉眼で観たモノや、触れたモノと、味わった事の中から変化や進化、
深化を見つけた方が実践的な動き方へと繋がりそうです。
 
壁のないトイレって、、、、緊張感がありますよね。
たぶんそれ日本ではトイレと言わないかもしれないですよね(笑)
 
断食わたしやった事ないから、ちょっと興味あります。
ひまし油湿布や、ケフィアで徐々に身体が軽快になっているので、
ダイレクトに身体を通して実感できるモノに興味が出てきています。
前記事のNさんの眼鏡の話と同様、自分の身体や感覚にあったモノで補うというのは無理がなくていいですよね。
コンタクトや眼鏡一つで随分と味わい方も違いますし、
下着なども綿、絹に変えた途端にチクチクや静電気が減ったりします。
 
ちょっとずつ整備してゆくのって、
オリジナル性が高まっているようで楽しいです。
これからは身体レベルで自分にあったチョイスをしてゆく💚ですね!
 
有難う御座いました!!

 

f:id:spaceopera13seed:20200121222303p:image