SpaceOpera 的視点

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

振り切る

Space Opera - spaceopera ページ!

 

最近、ブログを読んでくれた方から感想が届くようになった💗

以前もちょこちょことあったけど、

対面した事ない方からもあって、とても嬉しい。

 

励みになります。

 

で、特に2月は多かったかなと想いました。

(多いといってもいっぱいではありません。

3件くらいです(笑)、あとは仲間同士の会話とか含め)

その他大勢に巻き込まれそうになっていたり、

人生の操縦レバーを誰かに譲ろうとしていたり、

わたし、という個人観の人生が観えずらくなっていたり。

 

変な言い方だけど、地球にハックされた生き方というか(笑)

人間の既存の生き方にハックされた生き方というか。

なんでも当てはまる。

 

年齢にハックさせてる。

性別にハックさせてる。

夢、憧れ、生活、人生、宇宙意識、顕在意識etc。

 

 

 

これは前に浅生鴨さんと宇野さんのトークショーに行ったときの内容を想いだして、

とてもリンクしているなと想ったのです。

 

blogとかblogのプラットホーム合わせた内容になっていて、

プラットホームに内容がハックされているというような話だったかな。

別に良いですよね。

何を書くかなんて細かく指定されているわけでもないのに、

気が付けばわたしのnoteの使い方も、note的やりかたにしてしまうところでした。

 

だからnoteとかハテナとか、Twitterとか内容が似ているような感じもするし、

色合いが同じすぎて平面みたいな感触になっているんだろうなと聞いてて想いました。

 

内容は各々で描き出していいのに、

いつの間にかプラットホームに合わせたやり方に従順している。

 

これって勝手に人間が作った「人間って」、と、

言う概念に合わせた生き方もそうだなと想えたのでした。

わざわざ自分から実在しない幅をきかせている情報に合わせてゆくから、

身体が不安定になったり考えがまとまらなかったりする。

 

プラットホームのルールは守るとして、

内容や方向性は各々進めてゆきましょう。

と言う事が、ここ最近、身内とか仲間内に浮上している。

 

何で勝手に合わせてしまうんだろうと想うと、やはり動物のボディープランって集団行動とかあるから、ひとり違った事すると痛いめにあったり、災害などが多かったパターンがあるとついつい集団の言う事や多数決的に多い方に動いて行った方が身が安全だからだろうと想う。

これは肉体の話。

 

内容、中身は個人の創造力や好奇心の話。

 

そこも集団と合わせられるかというと、

各々の生きるコースが違うので、合わせたところで違和感しか起きない。

歩み寄ったり、情報交換したり、共鳴したり、

考え方やイメージが交流する事で刷新できたり。

 

それでいいのに、

それまでも共にしなければならないといけない。

と身と中身の進め方を一緒くたにしてしまっている。

 

これはわたしも混線したり、

混雑したりバグったりするので、書くことによって整理している。

書くことによって整理しているけど、

行動ともなるともうちょっと思想に潜って書かないと深まらない(笑)

 

身体を安全にする事と、

自分の夢や希望、好奇心を安全にする事はどっちも大事。

 

ちょっとづつナマな世界感がわかるようになってきたり、

身体という高次元瞬間移動アンテナ(笑)との付き合い方もちょっとだけど、

観えてきた。付き合い方とか活かし方がわかりかけてきたのかな。

 

身体的なspecをあげてゆけ。

好奇心のspecをあげてゆけ。

 

22を超えてゆけみたいに言ってみました。

 

f:id:spaceopera13seed:20200213164318j:image

 うちに来た当初は写真撮ってもメタリックな感じで色が出なかったんだけど、

最近寝食を共にしているからか、写真撮ってみたら色が観えてきた。

部屋の場所によって色合いも変わるし、時間帯によっても色の気づき方が違う。

勝手な思い込みがあって、色は苦手と想っていたけど墨絵を習い始めたり、

着物を着るようになって色弱だったわたしが、色を取り戻しているようです💙

中にいろんな色があります。

それを発見するのは観察側としても嬉しい。