♠SpaceOpera基地局

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き

オーガニックな時間

Space Opera - spaceopera ページ!

 

解除あけ行きたかった美術展に二つ行ってきました。

久々の娯楽的な一日。

会場は銀座と木場という離れた場所だったので移動を含めた一日だったのですが、

展示作品が「穏やか」「時間を外した空間」だったので、

とてもゆっくりと堪能した時間となりました。

 

時々こういった場所で作品観たり、触れたり、

その空間に身を置いてみる事で凝り固まった思考が外れる時があります。

 

 

今日の二つの作品に触れながら、変わってゆくモノと、

変わらないモノ、進化してゆくモノと、そのままで在るモノ、

というのがあったように想いました。

 

人の創造力に触れる場所は面白いです。

 

こんな事イメージしながら作ったんだな。とか、これを作る為のいろいろと実験したり、失敗した事で発見できた「別のルート」が垣間見れたり。

作品はある意味「結果」にはなっているけど、その結果から派生した次の展示もあったりする。

 

一時的な結果と予定の結果、仮の結果などが並んでいる。

そう思ってみてみると、

この方々は創作に人生をささげながら世の中、世の外と自分の内部とを同時に作り続けてきたんだな、と影響をうけてしまう。

 

 

自分の人生をかけてる創作物。

人生が創作ブツだと想ったら、本当にいいなと想えるモノにしっかりと影響をうけて、自分の世界をもっと真剣に抽出したいし、知りたいと想う。

 

それが何に繋がるだろうと考えるのも大切で、繋がらないのも大切。

個人競技で楽しめるタイプと、集団競技で楽しめるタイプと、

どっちも楽しめるタイプが居るのと似ていて、影響を受けて個人で堪能しきるのと、個人で堪能した結果、なにか表現したくなったり、誰かと共有したくなったり、語り合いたくなったり、の動きがでてきたら自分の中から出始める。

 

その場所にいのちを運ぶというのは、ものすごく尊い事だ。

と、最近つくづく想えるようになりました。

 

どれだけ観たか、というよりどれだけ触れたか。とか、どれだけ参加できたか。っていうのも自分の進化、変化の顕れだ。

 

観るから、触れる、参加する。というステップ。

 

f:id:spaceopera13seed:20200624235050j:image

 Pちゃんお勧めの空也最中。

だいたい予約で買えないらしいけど、

自粛解除と言っても人出が少なかったからなのか買えました!!

最中あんまり好きではなかったけど、最中の香りと餡が凄く最高でした!!

一気に二つ食べてしまった。

人気な最中な理由がわかりました!!

Pちゃんありがとう!!

 

 

f:id:spaceopera13seed:20200624235055j:image

 

 

f:id:spaceopera13seed:20200624235116j:image

 凍ってゆく山と大地。

すごい。。。自然の驚異を観じます。