SpaceOpera 的視点

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

ハーモニクス(追記)

https://spaceopera.jimdo.com/

 

今日の夢研究はFUという言葉が出てきた。

起きて調べたら、酵素の働く力を顕す単位だった。

FUの後に数字も出ていたけど、これは1しか覚えてない。

 

音階の話で、声を通したハーモニクスは人体の人骨と細胞を奏でて、

うちとそとを共鳴さす。という遊び方だった。

巻き込みながら変態させてゆく遊び方。

(巻き込みは共鳴の結果なので、いやいやとかそういった事ではなく、

いやいや巻き込まれた。が、本当ならこれを機に自身の骨組みを確立させる)

 

FUの単位を観て、なるほど。

ここの数値で出てくる姿なき声の炙り出し方。

と、いう流れを観てゆくと、例えはまったく違ったカタチになるけど(笑)

回転するタイヤを止めたり、こすらせたりすると音が鳴る事と同じようだった。

 

響きあい、繋がりあいは音がする。

 

酵素活性を行う人体経由の倍音、腸の菌も音を聴いて遊んでいる( *´艸`)

 

追記)

そういえば、音叉セッションの時は腸の奥が鳴きます(笑)

特に便秘状態だと地耳にも聞こえるくらい。

表面的な人体と奥のリズムが共振すると、固まった思想や思い出も粉砕される。

うちとそとが同時に動くから軽く観じるのかもしれない。

 

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます