SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

仙骨の磁石

Space Opera - ホームページ

期間限定音叉チューニング/円盤チューニング編 -

 

今日はひとつ仕事を終えてから、

友達&仲間のまいちゃんが日美展に入選したとの事で行ってきました!

大きな会場に油絵、水彩画、日本画、墨絵とフロアが仕切られて展示されていました。

 

不思議なモノで会場に入ったら、まいちゃんの絵がどこに飾られているのか、

わたしの背骨が案内してくれた流れでした(笑)

背骨と仙骨とか骨盤あたりですね。

 

電気を観じたんだと想います。

 

会場内を壁側からスーと観ていったんですが、素通りみたいになって「の」の字を描くように中に入って往くと、骨盤あたりがグヲンと鳴って中にスーッと入り込んだ。

傍から観たら多分、壁に吸い込まれるような状態だったと想います(笑)

 

あ、ここだな!と想って振り返ったらあった。

 

この絵は観た事があったんだけど、

想い出さなかったわたしの若い頃の事を想い出した。

 

昔にバンタンデザイン研究所に通っていた事があった。

デッサン&アナログ科だったかな?夜間の部に通って居ました。

 

一度だけ学校の祭典かなんかあって、

わたしも絵を出展させてもらって特別賞を貰った事があった。

鶴が天の川を飛んでいて、水金地火木土天海冥を描いた絵。

なんとなく角度が同じであった事。

角度違いで似た景色をキャッチしていたのかな。

 

その頃はアクリル絵の具と、大きな三角定規を使っていました。

 

祭典に飾られているから、必ずおいで。

と、講師から言われたけど、ぜんぜん想ったイメージから遠かったのもあったし、

他の方の絵を観るのも嫌で祭典には行きませんでした。

多分その時の絵も破棄したんですよね。

あの頃はヒトの絵を観るのがとても苦痛で、自分の絵を観るのも苦痛でした。

 

他からの影響を受けたくなかった事が一番の原因。

それは変えなきゃならない事とか、

自分の絵のセンスや技術のなさを認めたくなかったから。

 

人生いろいろ。

 

これまでの人生の流れの中で、

自分の角が削られて往き、他を観るチカラが養われたと想います。

そういった事も含めて、今、墨絵を習いに行けているんだと想います。

素直に現状を受け入れられる。

それから、よし描くチカラを育てようと想って居ます。

 

何を行うにも個々の個性というのがあります。

猫の後ろ姿の哀愁。

ふさふさ気持ちよさそうの毛並み。

猫の可愛い後頭部。

描かれているシンボルが全て💗だと想えました。

シンボルの背景はハートからの投影だったんでしょうか。

絵から静かな音が聴こえてくるようでした。

 

まいちゃんにライン入れたら、なみちゃんの色が違うと言われました(笑)

映した側の色が反映するのかな(笑)

なみちゃんの宇宙の色だと言われました。

確かにわたしは漆黒のような藍色、黒の淵と青の淵の合流したような色彩が好き。

 

もともと持っている世界観が本当に面白いヒトなんですよね。

人間的にもユニークと言うか、なにかツボがあるんでしょうね(笑)

人間としてくくられているのがもったいないなと想える仲間。

人間というくくりの新しい表記、登録が、

必要な時期に来ているのかもしれませんね(笑)

 

カテゴリーは第三惑星人、ヒト科ヒト族。

なんつって!

 

f:id:spaceopera13seed:20180817231041j:image

 

f:id:spaceopera13seed:20180817231059j:image

 小学生の時に観ていたジョジョ

途中でご飯が食べれなくなった事があって、トラウマの一つです(笑)

独特のカラーリングと絵力に、五感がパンクしたのでした(笑)