SpaceOpera 的視点

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

禁断の地に入った日(笑)

Space Opera - spaceopera ページ!

 

今日はなんと境界線を越えて、

ご近所のワンちゃん(A)宅のお庭まで行くことができました。

 

Aの親分(おばあちゃん)が、窓をあけて外を眺めていたので「小夏ちゃんという高知のみかん戴いたんですが、如何ですか?」と言ってみた。

いつもお世話になっているIさんが、毎年この時期になると高知の宿毛小夏を大量に送ってくれる。さっぱりとしたみかんでさらっと食べれて本当に美味しい。

 

Aの親分は柑橘系が大好物らしく、大変喜んでいた。

 

自室に小夏ちゃんを取りに行き、庭まで出て来てくれるかなと思ったら、

こっちまで来て大丈夫だから。と言う。

老犬Aはとにかく小心者で、部外者、親分以外は毎度ぎゃん吠えする。

 

「そっちまで行くとAがびっくりして吠えないかな」と言うと「あんたは大丈夫だよ、みてごらん、あんただまってみてるでしょ」と。

でも柵があるから多分Aも安心して近寄れているんではなかろうか、と想いながら、

ここに引っ越しして初めての顔見知りから、

庭へ入れる馴染みみたいなことが起こった👀!!

 

おっかなびっくりしながら庭に入ってもAは吠えず、近寄ったり離れたりしている。

親分が喜んでいると安心して近寄ってきたり( ´艸`)

親分が今日は餃子の日だから、あんたっちもっていくから、部屋どこか教えなさい!

と言われたけど、低調にお断りして帰ってきた。

 

分け与えられるモノがあるのは嬉しい。

そして受け取ってくれた親分が深々とニットキャップとマスクして顔がほとんど観えなかったけど、目がにこにこしてて可愛かった(笑)

 

まったくの他人で、老犬Aを介して話したり、挨拶したりはしていたけど。

知り合いが増える、挨拶できる人が増えるのは幸せな事だ。

 

いつも柵の向こう側からしか交流しなかった他人のわたしが、

庭に招かれた他人Aとして昇格したのか、いつも以上に近寄ってきてくれた。

 

ここに越してきて6年目を迎え、

禁断の場所に招かれる日がくるなんて想像もしていなかった(笑)

 

親分の庭を後にしながら

「おお、、、今日は境界線を越えた日だぜ。」と興奮(笑)した日でした。

 

 

f:id:spaceopera13seed:20200406195401j:image

Ghanaのブルベリーチョコ。

つい買ってしまったけど、開けたら綺麗な色のパッケージで心が和らいだ💗