SpaceOpera 的視点 (おくのほそ道変)

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

もなか

spaceopera.jimdo.com

f:id:spaceopera13seed:20180212130022j:image

先日、日本橋に行った際に立ち寄った奈良のアンテナショップ。

柿の餡の最中が美味しそうだったので、ゼリーの和菓子と一緒に購入。

昨日の朝ごはんとして戴きました♡

 

ずっとなにか気になっていた「最中」というネーミング。

最中の皮が喉にくっつくのが好きではなかったので、

あまり自分で買う事はなかったのですが、妙に気になって買ってしまいました。

食べれば食べるほど気になった(笑)

 

ちょっと調べて観たら、

最中に纏わる和歌を書いた方と、

竹取物語の原作者が同じ人物ではないかと言われているそうです。

「池の面に照る月なみを数ふれば今宵ぞ秋のもなかなりける」

※源順(みなもとの したごう)

 

もなかは真ん中という意味もあるようで、

まんまるお月さんや十五夜などを示しているようです。

 

わたしが食べた最中は四角だった◆

さいころと同じ六面体。

血(地)の過程を顕しているのかもしれません。

 

最中(さいちゅう)

※動作、状態が現在進行している事。

※物事がたけなわの時

※まんなか、中央

※盛んに、しきりに。

 

実に日本語の表現方法はシーンに合わせて変化して往く。

たけなわという意味を用いれば、

血(地)の経路から水(身主)の経路へと切り替わっていっているのかもしれません。

 

 

久しぶりに食べた最中は美味しかった。

最中の向こう側へ旅してきました(笑)

 

広告を非表示にする