SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

2018年3月の周波数

Space Opera - spaceopera ページ!

spaceopera3月の活動 - SpaceOpera 的視点

 

2018年3月の周波数

 

リエーター時代の開闢期へ。

究極の選択や、今までどっちつかずだった事柄の方向性が定まって往く。

位置について、という感覚で各々の正位置へと環境や状況が整列する。

何を片付け、何を任せるか。

人間的思考を超えた配置と、清浄、正常値へと循環が始まる。

偏ったモノが平均化されて往き、各々が握りしめている思想が離れやすい時期。

各々が描いた思想、予想、予期を各々のセンスと、誠意によって後始末して往く。

描いた理想世界に、そのまま距離を取り続けるのか。

それとも理想を顕在化、

実在化させて往くかの実践の現象化が精度を上げて来る。

各々のワールドを自発的に切り開いて往く事で、

幻想や夢が解かれ新規の始まりが興(おこ)る。

 

思想の境界線を超え、新しいフロアに身を投じる。

地上の遺伝子に至福の因子を投入して往く。

 

地球の出産期。

自然界の芽吹きが前例にない動きを見せ始め、人間の観念に新世界を予感させて来る。

夢から目覚めるモノと、夢のままで過すモノとがそれぞれの世界で活きはじめる。

人生のクリエーター、地上のクリエーターである事を身体を通し想起する。

運命論からクリエーター精神への切り替わりが始まっている。

 

f:id:spaceopera13seed:20180228133311j:plain