SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

感想とかありがとう!!

Space Opera - ホームページ

spaceopera8月の活動 -

期間限定音叉チューニング/円盤チューニング編 -

 

不思議な事にわたしの携帯、時々飛行モードに切り変わっている事がありました。

あれっと想って解除すると、メールとかラインがポンポンと入った昨日。

不思議、全部感想メールだったんです。

 

ちょっと前に送った思召しTarotmap(6月中旬くらい配送したモノ)が、

どうやら最近届いたとか(笑)

引っ越しして住所変更届だしていたけど、

旧住所に届いていて最近配達されていたそう( ゚Д゚)すごい!!

 

ただ思召しTarotmapが今届いたという事と、

内容的にもビンゴだったみたいなので、二重に驚いていた。

 

シャンバラメッセージも送信した日付と、届いた日付にずれがあったりとか。

届いて居たけど、読み落としていたとか。

シャンバラメッセージ(笑)はなんか交通がまだ整備されていないみたい(笑)

 

シャンバラチューニングしていた時に出て来たイメージが、

シャンバラ=時間城、時間の要塞という感覚でした。

 

地球で言えば世界時計というのがあります。

諸々の時計があって、その場所や地域によっての時間の差を目印にしているもの。

 

それがシャンバラというテーマの中に、

時空間別の時差とか時の刻印みたいなのがあって、

それぞれのペースと周波数みたいなので動いた。

廻る時計ですね。アナログ(笑)

何個あったかわからないけど、大・中・小と右廻り、左廻りとありました。

 

だから時差があるとか、タイムスリップしているとか、神隠しとか。

一瞬で時のポータルみたいなのが開いて、裏玄関表玄関が入れ替わるよう。

 

玄関が勝手口になったり、勝手口が玄関に入れ替わったり。

 

世界的に言うと城というのも、

そういった役割を持っているのかなと想えました。

 

名残が残っているところもあるし、名残が答えかというとそうではなくて名残が入り口になっていて、入り口からちゃんと入ったら時を超えた空間を知るみたいな。

 

またまた変な事書きましたが、

メールの届き方や電話の入り方が妙な昨日だったので忘備録として書いておきます。

 

 

皆さん、いろいろありがとう!!

戴いたメールを読みながら、まだまだわたしには明けきれない拘っていた部分があったなと痛感致しました。

 

リハビリを兼ねながら、いろいろとこのブログにクレイジーな事を載せて往こうと想いました(≧▽≦)✨

 

m(_ _)m

f:id:spaceopera13seed:20180807111822j:plain