♠SpaceOpera基地局

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き

2018/04/24

Space Operaホームページ

SpaceOpera4月の活動

思召しTarotmapリーディング下半期募集開始

 

今日はとても嬉しい報告を兼ねたセッションだった💓

人生が大きく引き伸ばされて往く転換期。

 

彼子が出来たと報告があって、

またそれから仕事の大きなシフトチェンジに向けての流れだった。

どんどん殻が割れて往くような関係で、

話を伺って往くとどうやら「彼」の方がAさんの事を覚えていたらしい。

記憶の名残とも言うような、2人が会話を重ねて往く事でそれが合致。

 

Aさんはお父さんの記憶がなかったらしく、

現在のパートナーと交際を深めて往く事で、

想いだしもしなかった父親の面影が溢れて来ていたそうだ。

父親と離れて三十余年。

死別してから13年余り経った今、父親の愛情がAさんに辿りついてきた。

Aさんがそれに気がついてきたみたいでした。

小さい頃から父親という存在がわからず、馴染みもなく大人に為ったので、

特に考える事も気になる事もなく、今まで過ごしてきたそう。

数年ぶりのパートナーによって、

父親の三十余年の想い出バックアップが始まっていた(笑)

 

最近は家族の話、パートナーの話で特に感動してしまう事がある。

言葉や文字にしてしまうと薄っぺらいモノに観じてしまうけど、

絆というかお互いがずっと水面下で電波交流していて、

頭の知識や顕在的な視点で捉えるカタチの世界では、

想い通りいっていないと錯覚している。

 

出遭う縁とは何だろうか~。つくづく皆さんの家族の話、

パートナーとの話に感動が止まらない(笑)

ほんと全米が泣いた、くらい胸が熱くなる。

 

わたしは仕事を通して、人間の在り方とか、人体の不思議とか、

生命の不思議と対面して往く。

自分一人の時間と自然との交流では気が付かなかった事を、仕事を通して知って往く。

ヒトを通して世界を知って往くと、

結局本当にドラマチックでテレビドラマの方がドラマではない観じ。

 

誰かが言った「奇跡を信じよ、かつ現実的であれ」という格言があった。

奇跡とか魔法とかって現実的でないと、起こりにくいんだなと想う。

どこに奇跡を起こすのか、どこでその魔法みたいな事を起こすのか。

出発点がなければ起こしようがなく。

 

ここで何をするのか、ここで何を得たいのか、

ここで何を知りたいのか、

どうなりたいのか。

身体の欲求、意識の欲求を救い上げて聴いて往く。

自分以外の何かをどうかしてやりたいというコントロールではなく、

身体内部の奥ノ院に耳を澄ます。

そうやって聴き入れて往く事で、三次元的な手順が観えて来る。

システム的に面倒でもその手順を追って往くと、いつの間にか協力者と出遭えたり、

奇跡的な巡り合わせが手繰り寄せられてくる。

 

Aさんは何年もヒトリで仕事を頑張ってきて、

お客さんを喜ばせてきて、お客さんに結果を出してきて、

楽しみながら仕事に奮闘していたので、

Aさんカップルが成立した時に皆さんに祝福されたようだった!!

 

やっぱりみんな観ているんですね。

地道に自分の道を頑張り続けた事や、心から仕事に尽くしていた事。

 

久方ぶりの祝福セッションだったので、

体中が炭酸になったようでした(笑)

 

ヒトは幸せを体験する事や、想った通りの欲求に従う事で幻想を超えて往く。

物理的な欲求もスタートとしては良いと想いますが、

こればかりやっていると渇望感しか生まれないけど、

そこを終えて往くと個人的な欲求というよりは、

生命としての欲求、人間としての在り方や、

人生という長いスパンを本気で計画する。

今までの人間社会から、成熟した人間性を実践して往く。

それはひとりではどうしても難しい事があるから、

志の似たモノ同士で切磋琢磨して往くと幻想のビッグバンが起こるのかなと想います。

 

仲間、友達というのは口で言うのは簡単だけど、

信頼し合える関係性をベースにする仲間同士は、

あらゆる季節を超えて固まって行ったり、揺るがない繋がりになる。

いろんなパターンを経験して、確信に変わって安心に成って往きますね。

 

素敵なお話をありがとう~!Aさん💕

f:id:spaceopera13seed:20180424225234j:plain