SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

竜宮城とお月さん

時々、竜宮城はお月さんという夢を観ます。

海の底と月の内側は似ているような雰囲気です。

 

竹取物語もお月さんだけど、

表面と内部とで違っているのかもしれません。

内部は潜って中に伸びる、表面は外に伸びる。

それは内も外も同時進行なんでしょうね。

潜った分だけ外にも伸びる。

そう想ったら、

海底生物なんて月の生物と言ってもいいぐらいかもですね!

 

 (夢の話です)

 

新月の時に閉じて、満月の時に招待される。

月に一度のクラブ月銀座(笑)

わたし達は「扉」の事を入り口と出口と想い込んでいるけど、単なるシンボルです。

入り口も出口も、扉意外のエレメントで顕れる事があります。

 

天体も入り口の象徴で、出口の象徴もあった。

それぞれ、今自分の存在位置(情報集積所、情報集積経由)が理解できてきたり、

居場所が観えて来るとスケールが変わって往く。

 

情報集積所(身体)を通過して、何が物質化されたり、

何かを移動させたり、結んだり、繋げたり、増やしたり、減らしたりをしている。

 

もちろん身体の持ち合わせている感性を通して、

どういったビジョンを世の中に、地盤に照らし出して往くか。

 

こんな書き方だと、無機質っぽいけど。

これもまたわたしたちの「働き」方だ。

 

純粋に生きてみたいなと想える最近。

他人が作った時間に合わせて生きるよりも、

しっかりと自身で時間管理やペースをつかんで行った方がいい。

 

時間の支配を超えた繋がりを、

益々大慈に気が付いて往きたいです。

 

f:id:spaceopera13seed:20171216230038j:plain