SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

戴いた感想

Space Opera - spaceopera ページ!

 

♯627エネルギーワーク

 

なみさん、こんにちは。
先日は遠隔エネルギーワークありがとうございました<m(__)m>

感想は以下の通りです。

受け取る日の夕方ぐらいからイライラしてて、受け取る前にお風呂に入ろうと思ったけど、
結局20時過ぎからお風呂に入りました。

そしていつもよりは早めに眠りました。
眠る前に暗闇に浮かぶ色とりどりの光でできた図形を見たような気がします。
山羊のモチーフだった気がします。
(映像を見る感度は今もあがっていきてるように思います)

翌日は満月でしたね。
夢を見たような、でも覚えてない。

友人が数日前から悩み事相談をしてきてたのですが、
(前日のイライラはその影響だったかも)
事態が動いたとメールしてきました。
そして翌日ことのいきさつを詳しく話してくれました。

私の話したことが影響したかのような結果でした。
また今回の満月ともリンクした結果でした。

またこの日(昨日です)、別の友人の相談も聞きました。
相談日和、だったような・・・。

私はもともとカウンセリングのようななことを仕事にしようと思ってたのですが、
これまで何度か意図が相手に響かず空しく思うこともありました。

なみさんに以前相談した時も、癒しの人ではないと言われたこともあって、
カウンセリング系はやめようかなと思ってました。

ただ言葉を使う人だとも言われてましたが、それをどのようにというのがよくわかりませんでした。

一方で627の日も、その翌日も別の方に頼まれていた星読みに没頭してました。
星読みは好きだけど、オーダー来るとなかなかスイッチがはいらず苦戦するのですが、
カウンセリングは星読みを絡めると、よりわかりやすくなるなと思ったりもしてます。

結局昨日、無償で友人の話を聞く(カウンセリング?)をやっていて、
いつもより、相手に言葉が届いていたような気がしました。
星の話もからめてより個性の理解を深めながら、最終的に内観へ向かわせる、

ということが自分にはできるのかな?と思ったりしました。

あまりスピ色をださずに話ことに苦心してましたが、
今回は意外と相手が受け取っていくれるレベルにあがってきてるのだなと思いました。

自分の資質をもっと活性化させたいという思いもあって、今回なみさんの627に参加しました。

今後仕事になるかは(しっかりお金をいただいてやれるか、結果をだせるか)わかりませんが、
カウンセリングを通して人の意識をシフトさせていけるようなことができるのかもしれない、

とちょっとだけ思えた出来事でした。
もちろんまだ未熟者ですが・・・。


ありがとうございました。

 

-----------------------------

 

Yさん、ありがとう御座いました!!

癒しのヒトと、カウンセリングとはもしかしたら別のジャンルなのかもしれないです。

癒しのヒトというのは、感情がほぼ働かないとか、

感情の波が不安定ではないからかなと。

 

自然界の在り方、山とか森とか植物とか海とか観て、

ヒトは穏やかになったり感情的な成仏を促されたり、

勝手にエネルギーシフトさせてくれる。

癒やし手と言われている方も、相手がどんな感情が動いてもそれに引き込まれない強さや土台の揺らがなさがある方や、ノーマルで存在し続けられる方のポジションなのかなと想います。

 

年配の経験豊富なお祖母ちゃんとかお爺ちゃんとか、ヒト的に言えば赤ちゃんとか。

いちいちうろたえないで、最善の手段や行動へと導いてくれる安定感がある。

だから言葉ない部分で、

安心するから気を使わなくてよかったり、無条件で甘えられる。

 

なのでspaceopera的にですけど、

癒し手になるのなら金銭は発生させない方がお互いの為かなと想って居ます。

後日ありがとうの果物とか野菜とかの交換はありかなと想えます。

お金払う方と、払わない方に対して、

何も個人的に差が生まれなければいいのだと想います。

 

カウンセリングというのは感情や状況を含めて、

なにか糸口を見つけて淡々と目的のルートへと運んで往く働き方だなと想います。

 

特技をしっかり仕事にすると決めて、その時にしっかりと値段設定して受けて行った方が自分の今後の人生の流れをつくって往けると想います。

金銭が発生する事で、やっぱり無意識に技術を上げようとか、

イメージの抽象度を上げるための集中力を鍛えようとか。

向上心もオートマチックに活性化する。

他には観えない自身の勉強が始まります。

ある程度の流れを作るのは自らの意思表明です。

 

よく人事を尽くして天命を待つという言葉がありますが、ヒトが行う事と天が行うフロアは違います。

でもヒトがしっかり自覚して動いたり、想いを込めた時に天とのタイミングは合流しやすいなと想います。

宇宙にまるなげも良いと想いますが、中身がまずいこともあります。

わたしたちは結局のところ、器を育てに来ていたり宇宙(天)との分離を味わいながら、末端の経験値や刷新作業を行っている。

ヒトが気が付かないと始まらない文明もあります。

 

長くなりましたが、仕事とボランティア、

自分の行いたい事を世の中で活かして往くには、ある程度の努力と継続力が必要になる。そこに観えない信頼性が宿るからです。

もちろん続ける事で深みも増しますし。

そして誰でもOKみたいな観じでやってしまうと、

想いもよらない訪問者もやってきます(笑)

 

決めると最大のプロテクションになりますので、決めるところは決める、線をしっかり引くは大事な行為かなと想います。

 

やりたいと想えた事があったなら、

やっぱりやった方が生まれた甲斐を観つけます。

そうやって自分史を創り直したり、新しい物語性を作成し続ける。

 

ただ実行させてクダサイ!

 

ありがとう御座いました!!

 

f:id:spaceopera13seed:20180719111944j:plain