SpaceOpera 的視点

夢の調査員として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

宮本武蔵

 

ずっと前に速読のDVDをレンタルした事があった。

ヒトの目の使い方とか、空間を認識するチカラとか、

自動で把握している話だったのを覚えている。

 

DVDを観ながら宮本武蔵の剣術の話とリンクしていった時の事が、

今日すこしシンクロしていっていた。

いまとても集中力を意識しているから。これが想いだされたんだと想います。

 

別に剣術やら、

速読の事なんてちっとも考えてもいなかったけど。

 

ある美術館に4~5年前に行った時に、

その美術館のお孫さん達と食事をする事になった。

どんな話の流れだったか、

ブルース・リーが唯一真似た人物が宮本武蔵五輪の書を熟読した。と話した時に。

 

ひとりの男性が「なんで今、五輪の書の話をしたんですか?」と尋ねて来た。

わからない(笑)

と告げると、なんとその方は宮本武蔵の末裔だったそうだ。

宮本武蔵には養子が沢山いたようで、そのヒトリだそう。

本当に実在しているんだ・・・と、驚いた。

名刺戴いたけど無くしてました(笑)

 

墨絵も描いていたようで、武蔵の墨は集中力と繊細さが強烈らしい。

大御所の〇〇より、とても繊細なモノだと聞かされた事もあった。

 

ちょっと立ち寄った店に、井上雄彦バガボンドの墨絵がかけられてあった。

ご本人のサインもあった。

もうキュンキュンでした。

トキメキました。これが2.5次元と言うのかな(笑)と。

 

きっと艶っぽい女性に憧れる時は、色っぽい女性を観るよりも、

漢と書いて「をとこ」を観る事で、女度アップして往くのかもしれまてん。

 

剣と踊りも何か似ているところがありますね。

んーカッコいい。

f:id:spaceopera13seed:20171130000109j:plain

 

 

f:id:spaceopera13seed:20171129233714j:plain

コントのような(笑)鍋蓋で対応って強烈です。