♠SpaceOpera基地局

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き

夢を観るにも体力が必要

Space Opera - spaceopera ページ!

 

連日猛暑ですね(;゚Д゚)💧

涼みながらお過ごしくださいまし。

 

連日の猛暑で夜な夜な起きては水を飲み、タイマーかけて寝ております。

 

体力がない時、夢の内容に変化があります。

夢を引き伸ばせない。

 

夢のチューニングの磁力が弱くなって、

悪夢みたいなパターンにねじり込んでしまう事がある。

 

暑い時はとってもこのモードになりやすい。

 

毎日、毎日、夢は覚えてないですが、

覚えてなくても何かの拍子に想いだす事があります。

 

それは水の音や、水の動き、水に因んだものに触れる時。

覚えてなくても想いだす。

夢じゃないモノだって想いだす事がいっぱいあります。

 

水の音に注意を向けると、

その波紋と記憶が触れあって引き出されてくる。

 

一番身体に良い状態って、実は夢をみない事なのかなと想う事もあります。

体力も精神力も、集中力も使いますし、

安眠とはちょっと違った状態かなと想います(笑)

 

図書館行っても夢にまつわる本は「異常心理学コーナー」ですからね(≧▽≦)

 

異常心理ってなんだろう。

特殊な分野です。

 

異なる常です。

常に異なるとは違うんです。

そのスペースに顕れる出来事や価値観は、

身体世界とは違った動きや意味が反対になっているケースがある。

 

数字だって、色だって鏡の反射のようにひっくり返っている。

異なる常ってこういう事かなと、夢の世界で想う事もしばしば。

わたしたちは重なって生き合っている。

 

寝苦しい夜、枕の近くに凍らせた冷却ジェルシート置いておくと気持ちいい。

身体には触れないように置いています。

 

f:id:spaceopera13seed:20190731202230j:image

 素麺が欲しくなる季節です。