♠SpaceOpera 的視点

夢観察師として夢の世界を研究中/夢解き/夢リーディング

趣味趣向

Space Opera - spaceopera ページ!

 

今日から我が家のPCを仕事部屋に移動。

集中力変わるかなと想って移動させたのと、

もうここ2カ月ほど使用していないから仕事以外の使い方を考えてみている。

 

自室は本格的に寝るだけの部屋にして、

こっちは作業部屋として真剣に創りかえてみよう。

 

個人的にも趣味趣向が淘汰されながら、趣味趣向を探求している中で、

個人という在り方はとても難しいし、判断を誰からにゆだねたり、

自分の現状は今どんな状態だろうか?と尋ねたくもなる。

 

趣味趣向が似ていても、価値観や生き方の違いもある。

これだけ人口があるとしたら、人体も脳みそもハートも人口分ある。

 

同じなわけない。

 

同じルールで生きていると想いこんでいる思想や、

永らく続いている教えも破綻してきている。

 

いっこいっこ自分の暮らし方も変化してきている中で、

モヤがかかっていたリアルが晴渡りながら、ヴァージョンアップしてきているように観じている今だからこそ、集中して常識や世相に捕らわれない個人の人生観をしっかりとガンミして実行する決意とか決断がいる。

ある意味これは今までのような生き方を諦める事になるので、

とても決意しづらいのかもしれないという事がわかってきた。

 

前に社会学者の宮台さんという方が

「アートは人を傷つけるもの」というような事を説いていた。

今までのような暮らし方ができないくらいの衝撃があるモノがアートと呼べるみたいな事。強烈だけどなんとなくわかるような気がしました。

 

その衝撃を受け、回路が啓き、感受性が成長し今までの世界の質が変化する。

今までと同じように暮らしていても温度の伝わり方が変わったり、

深い歓び味わったり、深く傷つく事もあるかもしれないけど、そうやって脱皮って始まりますもんね。

 

イルカのジャンプには3つの目的があるみたいで、一つは求愛、もう一つが遊び、

もう一つが古い皮膚を落とすためにジャンプして海に体を叩きつけながら剥ぐらしい。

イルカの皮はゴム状のようで簡単に剥げないらしいから、

この三つ目の目的の時は必死らしい。

 

いま個人個人の人生観を全うさせる覚悟を、

それぞれが着手してってるようだなと想えている。

(個人談)(わたしの周辺searchより)

 

まさか自分がこれを出来るようになるなんて想わなかった。

とか、人生棒に振ってみるか!!と想ったら楽しい人生に切り替わったみたいな状況も誕生しやすいのではないか。

それでぞくぞくと各々の夢を実体化させる生き方が増えてくれば、それこそ夢は実体化するという集団免疫みたいなものを会得して、どんどん人類のspecも向上してゆくのではないだろうか、、、、、と暇だからずっと考えている。

考えるより動けよと想いますが、

ちょっとくらいは思考と状況の整理もしておきたい派です。

 

これはわたしの妄想と実行に結びつくまでの整理整頓で書きました。

 

とにかく今は「イメージを掘れ」です。

 

 

f:id:spaceopera13seed:20200502203140j:image

 ネモフィラ・マクラータという花らしい。

花のプログラムって謎です。

なんでこんな花弁の端っこだて点を浮上させているのか。

信じられないくらい面白い。

一瞬小さなフリーザがいっぱいに観えた。

 

f:id:spaceopera13seed:20200502211850p:plain

 

フリーザネモフィラ・マクラータ由来なのかもしれません(笑)